循環器センター

高血圧センター

概要

高血圧は日本に約4000万人いると推定される最も多い生活習慣病です。
血圧の管理は、狭心症や心筋梗塞、心不全などの心臓病を予防するためにきわめて大切ですし、既に狭心症や心筋梗塞を起こした方が再発を起こさないためにも重要です。血圧は1日の中でも刻々と変化していますので、1ヶ月に1〜2度、病院で測る血圧値だけでは不十分です。特に朝の血圧が高いと心筋梗塞や脳卒中が起こりやすいことが知られていますので、自宅で血圧を測定し主治医に報告することが大切です。

高血圧センターでは、高血圧の正しい診断と血圧の日内変動の評価、脳・心臓・腎臓・血管への影響の有無、治療方針の決定を目的とした短期入院を行っています。また減塩を中心とした生活習慣の修正を積極的に推進しています。血圧が高いことが気になっている方、生活習慣の見直しにより高血圧を改善したいと考えている方は、かかりつけ医とご相談の上、お問い合わせ下さい。

診療実績

高血圧センターの診療実績はこちらのページをご覧下さい。