呼吸器センター

歩み

年代 こ と が ら
1994.7 九州医療センター呼吸器科、呼吸器外科開設。呼吸器科 矢野敬文医長、呼吸器外科 竹尾貞徳医長、呼吸器科 古賀英之医師着任。同時に呼吸器科にレジデント2名赴任。超高速CT(イマトロン)稼働。
1994.9 気管支鏡検査を用いた感染症遺伝子診断を開始。
1994.10 呼吸器カンファレンス開始。内科、外科、放射線科、病理部が共同で診断し治療方針を決定。今日の呼吸器センター設立の礎となる。
1995.4 呼吸器内科レジデント1名赴任、レジデント3名体制に。
1996.1 1995年度の手術症例数は、50例を超え92例となる。
1996.4 気道過敏性測定装置(アストグラフ)導入。気管支鏡検査 1000例を超える。
1996.9 中央区医師会、浜の町病院と共同で、呼吸器懇話会開始。病診連携強化。
1997.1 1996年度の手術症例数は、100例を越え、117例となる。
1997.4 呼吸器外科定員スタッフ増員、2名体制に。呼吸器外科 坂田敬医師着任。
1997.5 呼吸器外科レジデント1名体制に。
1998.4 呼吸器外科 矢野篤次郎医師着任。
1999.1 1998年度の手術症例数は、150例を越え、168例となる。
1999.11 呼吸器科 古賀英之医師転任、西本光伸医師着任。
2000.3 福岡県内の大学病院、呼吸器科を持つ病院との共同で、定期的に呼吸器カンファランスを開始。
2000.5 呼吸器科 有川圭介医師、米国加州立大サンジェエゴ校に留学。
2000.7 呼吸器外科 山崎宏司医師着任。福岡市医師会と協力してシェアードケア・フォーラムを開始。更に地域との連携を強化。
2001.4 原発性肺癌切除例 400例を越える。
2001.7 呼吸器科 矢野敬文医長退任。古賀英之医長赴任。
2001.8 呼吸器グループ7周年、呼吸器センターの設立。
2003.1 2002年度の手術症例数は、200例を越え、208例となる。病棟編成に伴い当院10階西病棟が呼吸器センター病棟となる。
2003.3 呼吸器科 西本光伸医師退任。呼吸器外科 山崎宏司医師転任。
2003.4.1 呼吸器科 杉原栄一郎医師着任。呼吸器外科 福山誠一医師着任。
2003.6.7 呼吸器科を中心に、第50回日本呼吸器学会九州地方会春季学会(会長;古賀英之、於 福岡国際会議場)開催。
2003.7 呼吸器科レジデント 米光純子医師、スタッフ昇任。呼吸器科定員スタッフ増員3名体制に。
2003.10 呼吸器科 米光純子医師転任。呼吸器科 南 秀和医師着任。
2004.1 急性期病院及び西区・糸島・前原地区開業医との医療連携推進を目的に、きらく会発足。
2004.3 呼吸器科 杉原栄一郎医師退任。
2004.4 呼吸器科 田口和仁医師着任。
2004.5.15 第6回胸骨正中経路による肺癌手術懇話会(当番世話人/竹尾貞徳 於 東京コンファレンスセンター品川)開催。
2004.11.30 呼吸器科 古賀英之医師退任。
2004.12.1 呼吸器科 一木昌郎医師、呼吸器科科長として着任。
2005.3 呼吸器外科 福山誠一医師転任。
2005.4 呼吸器外科 米谷卓郎医師着任。
2006.3 呼吸器外科 米谷卓郎医師転任。
2006.4 呼吸器外科 山口正史医師着任。末満隆一医師着任。
2007.3 呼吸器科 田口和仁医師転任。呼吸器外科 岡崎寛士医師転任。
2007.4 呼吸器科レジデント 吉田有吾医師、スタッフ昇任。
2008.3 呼吸器外科 山口正史医師、スペイン留学へ。呼吸器科 吉田有吾医師転任。
2008.4 呼吸器外科 濱武基陽医師着任。呼吸器科レジデント 石松明子医師、スタッフ昇任。
2008.6 1994.7〜2007.12呼吸器外科肺癌手術症例1000例超え、記念会開催。
2009.3 呼吸器外科 濱武基陽医師、末満隆一医師転任。呼吸器科南 秀和医師、石松明子医師転任。
2009.4 呼吸器外科 塚本修一医師、川野大悟医師着任。呼吸器科 岡元昌樹医師着任。呼吸器科レジデント 時任高章医師、スタッフ昇任。
2011.3 呼吸器外科 塚本修一医師、川野大悟医師転任。呼吸器科 時任高章医師転任。
2011.4 呼吸器外科 鹿田康紀医師、竹中朋祐医師着任。呼吸器科レジデント 関塚友美医師、スタッフ昇任。
2011.9.1 呼吸器外科 竹中朋祐医師転任。呼吸器外科 庄司文裕医師着任。
2012.3 呼吸器外科 庄司文裕医師転任。
2012.4 呼吸器外科 牛島千衣医師、高祖英典医師着任。
2012.9            呼吸器外科 竹尾貞徳医師、統括診療部長就任。呼吸器科レジデント 中村雅之医師、スタッフ昇任。
2013.3 呼吸器科 岡元昌樹医師転任。
2013.4 呼吸器科 田口和仁医長着任。
2013.5 呼吸器外科 鹿田康紀医師転任。
呼吸器外科 山﨑宏司医師 呼吸器外科科長として着任。
2014.2 呼吸器外科 山﨑宏司医師、高祖英典医師 ダ・ヴィンチ肺がん手術サーティフィケイション取得。
2014.3 呼吸器外科 牛島千衣医師転任。呼吸器科 中村雅之医師転任。
2014.4 呼吸器科 武岡宏明医師着任。呼吸器外科 庄司文裕医師着任。
ダ・ヴィンチ肺がん手術1例目開始。
2014.7 呼吸器外科 庄司文裕医師、森 遼医師 ダ・ヴィンチ肺がん手術サーティフィケイション取得。
2015.1 呼吸器科レジデント 佐々木潤医師、スタッフ昇任。
2015.3.14 竹尾貞徳先生還暦祝い&1994.7~2014.12 呼吸器外科肺癌手術症例2000例超え、記念会開催。
2015.3 呼吸器外科 庄司文裕医師、高祖英典医師転任。
2015.4 呼吸器外科 竹中朋祐医師、三浦奈央子医師着任。
2016.2 呼吸器外科 竹中朋祐医師、三浦奈央子医師 ダ・ヴィンチ肺がん手術サーティフィケイション取得。
2016.7 ダ・ヴィンチ肺がん手術20例達成。
2017.2.13 呼吸器科 小田華子医師着任。
2017.3 呼吸器科 田口和仁医長、呼吸器外科 竹中朋祐医師、呼吸器科 佐々木 潤医師、
呼吸器科レジデント 竹中慎一医師転任。
2017.4 呼吸器科 武岡宏明医師、医長に昇任。呼吸器科レジデント 岡山雄亮医師、スタッフ昇任。
呼吸器科 今村陽平医師、呼吸器外科 桂 正和医師、呼吸器外科レジデント 奥 結華医師、呼吸器科レジデント 増田 健医師、呼吸器科レジデント 矢野千葉医師着任。