呼吸器センター

内科部門

概要

現在、呼吸器科は呼吸器センターとして外科、内科が同一病棟内でチーム医療を展開しております。内科の立場から言わせていただくと患者の皆様にとってもこの体制は大変メリットが多いと感じられます。例えばコントロール不能な気胸や膿胸などはその場で話し合いが行われ、時には緊急的に手術をして頂くこともございます。また早期肺癌においては内科で診断が確定すればスムーズに手術に移行できておりますし、局所進行限局型肺癌においても、術前に化学療法や化学放射線療法を内科で行い、その後外科にスムーズに引き渡し良好な治療成績を収めております。

呼吸器センター内科部門部長
岡元 昌樹


このように迅速な対応が求められている時代の中で最良に近い体制がとれつつあるのではないかと考えております。地域医療を根底から支えられておられる開業医の先生方の要望に答え、紹介して頂いた患者の皆様の信頼を得られますよう努力する所存であります。今後とも御指導御支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

呼吸器センター内科部門副部長
武岡 宏明


診療方針

当院は福岡市とその周辺地域から幅広く呼吸器疾患の患者の皆様を受け入れております。福岡市を中心とする地域は人口に比して呼吸器科をもつ総合病院が決して多くはありません。しかしながら呼吸器悪性腫瘍や慢性呼吸不全の代表である閉塞性肺疾患(肺気腫)は増加傾向にあり、気管支喘息を含めこれら基礎疾患を持つ患者の皆様の急性増悪時や急変時の対応が求められています。当院は地域医療支援病院としての責務を有しているため、紹介していただいた患者の皆様は責任を持って安定するまで診療にあたります。呼吸器内科はスタッフ医5名、レジデント医3名、研修医3名で診断と治療にあたっておりますが、呼吸器疾患は多種多彩であり呼吸器内科だけでは解決されない事例もございます。
特に肺癌に力を入れており、治験等も随時行っています。



そのためわれわれは呼吸器外科と呼吸器センターを作り、同一病棟でチーム医療を展開するとともに救急部、放射線科診断グループ、放射線科治療グループ、呼吸器専門ナース、呼吸器リハビリ部門が一体となって呼吸器診療に携わっております。また他疾患を合併している症例や他疾患関連肺病変も少なくありませんので、これらを見落とさないためにも他科と十分な協議の場を設けるよう心がけております。このように他科と十分な連携をとりながら迅速かつ高度で最新の専門医療を提供していきたいと考えております。