呼吸器センター

病理部門(病理・細胞診)

診療方針

病理部門は4人の技師(全員細胞診検査士)と2人の病理医(病理専門医、細胞診指導医)の体制で、特に喀痰、洗浄液、胸水細胞診断、生検手術標本の組織診断、電子顕微鏡による検討、また免疫組織化学による細胞の特徴の同定を試み、より正確な診断をめざすことにより臨床医への支援を行っています。

→病理部門の詳細ページへ