脳血管センター

脳血管グループの歩み

1994年7月

九州医療センター脳血管病棟開設、脳外科藤井医長、脳内科岡田医長
脳外科ー脳内科合同カンファレンススタート
脳卒中救急合同24時間オンコール体制開始
頚部超音波診断開始
神経放射線科と選択的血栓溶解療法を開始

1994年9月

脳外科レジデント2名赴任
脳外科顕微鏡手術開始
脳血流測定 SPECT装置(3headガンマカメラ)が稼動

1995年2月

脳内科レジデント1名赴任

1995年6月

脳外科藤井医長転任、井上医長赴任
頚部超音波診断が本格化

1995年7月

ICU、救急部と脳血管病棟の連携が一層推進(婦長相互交代)

1995年11月

第1回福岡CVDカンファレンス開催、病診連携の推進

1996年8月

脳血管グループ2周年 脳血管グループロゴマーク・旗を作成

1997年4月

脳外科定員スタッフ増員、2名体制へ
頚動脈狭窄症に対する頚動脈血栓内膜剥離術が本格化
冠動脈インターベンショングループとの連携促進

1998年4月

脳外科定員スタッフ増員、3名体制へ
脳血管内外科(血管内治療部門)の確立
日本脳神経外科学会専門医認定制度指導施設(A項)

1999年2月

脳血管専用超音波診断機器導入
経口腔頚部血管超音波診断開始

1999年4月

脳内科岡田医長が厚生省九州医務局へ2年間出向、鴨打医師が赴任
血管内治療卯田医師が米国UCLAに1年間留学
超音波検査研修制度の開始(市内病院臨床検査技師など)

1999年9月

脳血管グループが救急循環器当直に参入、脳卒中当直体制の充実
脳卒中クリティカルパスが本格化

2000年4月

経食道心血管超音波診断の確立
脳血管内外科治療が本格化(ステント、コイル)

2000年5月

日本脳卒中協会第3回市民シンポジウム(福岡)代表講演

2001年1月

新型MRI(1.5T)の設置、diffusion MRIによる超急性期診断開始

2001年4月

臨床研究センター活動、臨床研究が本格化

2001年5月

経頭蓋脳血管超音波診断の確立

2001年7月

脳血管専門ナース、国立循環器病センターで研修開始

2001年8月

脳血管グループ7周年、脳血管センターの設立

2002年6月

脳外科頸動脈内膜剥離術の実績全国1位

2003年1月

病院のサブセンター構想に伴い、脳血管病棟拡大(6階西病棟)

2003年4月

回復期リハビリ病院との連携クリティカルパスの作成開始

2003年10月

脳血管センターがモデルの医療漫画「脳血管救命センター物語」刊行
日本脳卒中協会福岡県支部を当センター内へ開設

2004年6月

国際学会進出本格化、全国SCUモデル病院に指定される

2005年4月

矢坂正弘脳血管内科科長が赴任、豊田一則前科長は国立循環器病研究センターへ
抗凝固療法・止血血栓に関する医療、臨床研究が本格化

2005年9月

病診連携の会(福岡CVDカンファレンス)が開催40回を数え、10年目を迎えた。

2005年10月

経静脈的rt-PA血栓溶解療法認可

2005年12月

年間入院患者数が1,800名に達した。

2006年4月

九州脳神経脈管超音波研究会を開催
九州の脳卒中超音波診断リーダー施設に

2007年6月

第5回日本頸部脳血管治療学会開催(会長:岡田靖 会場:アクロス福岡)

2008年4月

詠田 眞治 脳血管センター長 赴任

2008年6月

福岡市医師会方式脳血管障害地域連携パス導入

2008年9月

第6回国際脳卒中学会(ウィーン)で全7演題を発表

2009年4月

国立病院機構臨床研究ネットワーク 脳卒中リーダー施設となる

2009年11月

日本脳卒中協会福岡県支部が福岡市消防局と協働し、
市民啓発冊子「急がないかん、脳卒中なら救急たい」を作成

2010年7月

岡田 靖 臨床研究センター長 就任

2010年11月

第13回日本栓子検出と治療学会開催 (会長:矢坂 正弘 会場:アクロス福岡)

2011年12月

脳卒中エキスパートナース研修を本格稼働

2012年1月

脳血管センター 脳血管内治療科を新設(津本智幸科長が赴任)
脳血管内治療の高度化と適応拡大

2013年5月

高齢化・脳卒中長期予防対策の一環として集学的組織 早期認知外来を内科総合外来内に開設
脳血管センター認知機能評価(高次脳機能評価および画像診断)が本格化

2014年1月

Flat Panel型の血管造影装置の導入, 脳血管内治療の安全性向上と充実

2014年4月

脳血管内治療科3名+専攻医体制、脳血管・神経内科7名+専攻医体制に

2014年8月

脳血管ハイケアセンター(5階西病棟内)にSCU6床を改築
脳卒中救急体制がSCU当直+脳卒中救急外来対応体制が充実

2017年6月

第26回日本脳ドック学会開催(会長:岡田 靖 会場:電気ビル みらいホール)

2018年4月

岡田 靖 副院長 就任

2020年6月

第39回日本脳神経超音波学会開催予定(会長:矢坂 正弘 会場:電気ビル みらいホール)