脳血管センター

脳血管・神経内科

診療方針

神経放射線部門は、脳神経外科、脳血管・神経内科、脳血管内治療科と合同ミーティングに参加し、常に三位一体の協調体制をとっています。脳神経系のさまざまな画像診断(MRI、CT、SPECTなど)を行うほか、脳血管撮影件数は年間300例以上に及び脳血管内治療部門としても機能しています。脳神経外科とともに、塞栓術や血管拡張術を行うほか、脳血管・神経内科の超急性期脳梗塞の選択症例に対して血栓溶解療法も施行しています。


STAFF


脳血管センター神経救急全般統括(脳血管・神経内科医長)
脳血管センター急性期脳卒中統括(脳血管・神経内科医長)
脳血管センター医師内科部門
脳血管センター医師内科部門
脳血管センター医師内科部門
脳血管センターレジデント内科部門
脳血管センターレジデント内科部門
脳血管センターレジデント内科部門
脳血管センターレジデント内科部門
脳血管センターレジデント内科部門

(2018年5月1日現在) 
桑城 貴弘
後藤 聖司
徳永 敬介
森 興太
船水 章央
榊 佑介
友寄 龍太
中島 弘淳
森田 隆雄
吉野 文隆

▲リハビリカンファレンス風景