周産期センター

赤ちゃんにやさしい病院です

WHO/ユニセフより2007年8月、赤ちゃんにやさしい病院(Baby friendly hospital)の認定を受けました

国立病院機構九州医療センター 母乳育児基本方針

基本理念

  国立病院機構九州医療センター(以下「本院」という)は、豊かな母子関係を育むために、
  WHO/UNICEF共同声明の「母乳育児を成功させるための10ヵ条」に沿って母乳育児を推進します
  その本質は母乳育児を通じて育児を支援することです

基本方針

  1.教育
    本院は、母乳と母乳育児に関する正しい知識と技術を妊産婦、家族、学生を含む全ての
    関係職員、地域へ伝えます
  2.授乳の開始
    本院は、出生後の母子早期接触、初回授乳ができるように支援します
  3.母子同室
    本院は、可能な限り出生直後からお母さんと赤ちゃんが一緒にいられるように母子同室を
    実施します
  4.自律授乳
    本院は、赤ちゃんが欲しがる時にいつでもお母さんが授乳できるよう支援します
  5.乳頭混乱予防
    本院は、母乳で育てられている赤ちゃんには人工乳首やおしゃぶりを与えないようにします
  6.母乳栄養
    本院は、医学的な必要がない限り赤ちゃんには母乳以外のものは与えません
  7.母親への継続した支援
    本院は、地域と連携して退院後も継続して母乳育児を支援します
  8.無料サンプルや支給品の受け取りや宣伝の禁止
    本院は、人工乳が安易に与えられないように「母乳代用品の販売、流通に関する国際基準
    (通称WHOミルクコード)」を遵守します
  9.母乳育児が困難な母子への支援
    本院は、母乳育児が困難な母子に対しては、母乳以外の栄養であっても母子関係を支え、
    育児を支援します
10.BFH(赤ちゃんにやさしい病院)推進委員会
    本院は、BFH(赤ちゃんにやさしい病院)推進委員会を設置し、継続的に母乳育児支援に
    取り組みます

新採用者合同オリエンテーション2006.4.6

「赤ちゃんに優しい病院」をめざして
(タイトルをクリックしてください。パワーポイントプレゼンテーションが別ウインドウで開きます)

Baby Friendly Hospital (BFH)啓発の院内ポスター