周産期センター

BFH推進運動

トピック:WHO赤ちゃんにやさしい病院運動(BFHI)責任者ランダ氏講演会

8月3日(8月第一週は世界母乳週間です)に、WHOの赤ちゃんにやさしい病院運動(BFHI)の責任者ランダさんの特別講演を開催しました。
200名近くの参加者で県外からも沢山の方が見えていました。助産師、看護師、 産科医、小児科医、研修医、学生、栄養士、保健師、薬剤師、検査技師、ラレーチェリーグ(母乳育児支援団体)など多彩な参加者でした。
「世界の母乳育児」のタイトルで、世界的視点からの母乳育児全般に及ぶ講演でした。乳幼児の食育、科学的根拠をふまえた母乳育児の重要性、母乳育児の支援策、赤ちゃんにやさしい病院運動の成果や今後の課題といった豊富な内容でした。逐語通訳も上手で参加した方は心に残る講演になったと思います。質疑応答も活発にそして和やかに行われました。
福岡そして九州での赤ちゃんにやさしい病院運動(母乳育児推進)に大きな成果をもたらしたと思われます。
周産期センター長 佐藤 和夫

▲ランダさん玄関BFHプレート前で
▲周産期センター訪問の様子
▲講演するランダさん
▲座長:喜多学長
▲会場の様子
▲会場の様子
▲質疑応答(育児中お母さん)
▲質疑応答(産科Dr.)
▲質疑応答(助産師さん)