前立腺癌総合治療センター

前立腺癌の治療について

局所前立腺癌の治療には、1)手術、2)放射線治療、3)内分泌療法の3つの大きな柱があります。これらは単独ないしはそれぞれの治療の組合せにより行われます。病気の進行の具合、あるいは患者の皆様の年齢、体力、合併症の有無、病気に対する闘病意欲、社会的・環境的条件などを考慮して治療法が選択されます。したがって、最終的に治療法を選ぶのは、医師、ご家族の意見を参考にしたうえで患者の皆様ご自身ということになります。

  1. 前立腺全摘術(開腹・腹腔鏡・ロボット支援)
  2. 放射線治療
    外照射(強度変調放射線治療・重粒子線治療など)
    組織内照射(別名:ブラキテラピー・小線源療法)
  3. 内分泌治療
  4. ハイフ(HIFU)
  5. 治療を施行せず経過観察(監視療法、無治療経過観察)

以上が局所前立腺癌の主な治療法ですが、病状により複数の治療の併用が必要な事もあります。

また、転移を伴った前立腺癌に対しては内分泌療法が基本の治療になりますが、内分泌療法の効果が薄れた場合(去勢抵抗性前立腺癌)は、現在、新しい種類のホルモン剤への変更、抗癌剤治療、放射性治療薬の静脈内投与などを行う場合もあります。