前立腺癌総合治療センター

放射線治療

 全摘手術しない根治治療の方法ですので、身体への負担は比較的軽いと思われます。尿失禁はまれであり、性機能温存は比較的高いと思われます。十分な放射線が照射された場合の治療成績は全摘手術とあまり差はありません。しかし、前立腺を摘出するわけではありませんので、正確な癌の広がり具合を確認することが困難であり、また、放射線の治療効果の判定に時間を要するのが難点です。さらに放射線治療後、効果不十分であると判断されても、その後に前立腺摘出手術を施行することは一般に困難です。放射線治療はいわゆるやけどをつくる方法ですので、前立腺周囲の臓器にも放射線があたり、やけどの症状がでることがあります(放射線障害)。治療中および治療後の短い期間に生じる早期放射線障害と治療後、時間がたって生じる晩期放射線障害があります。早期放射線障害としては頻尿、排尿時痛、排尿困難などの尿路に関係するものと、肛門痛、下痢などの直腸に関係するもの、皮膚のびらんなどがありますが、ほとんどの症例では程度は軽いものであり、治療終了後、改善します。また、治療中は身体がきつかったり、船酔い気分がでたり、まれに白血球減少(感染症を起こしやすくなる状態)が起こることがあります。晩期放射線障害としては尿道狭窄、膀胱出血や直腸出血などがあり、まれに直腸潰瘍や穿孔(穴が開くこと)などの重篤な事態が発生することがありえます。この場合は処置が必要になりますが、治療に難渋することがあります。

放射線治療の方法としては外照射、組織内照射(ブラキテラピー・小線源療法)があります。

外照射

 放射線を体外から照射する方法です。方法は局部に平日毎日照射します。1回の治療は十数分です。毎日通院可能であれば外来治療は可能ですが、約1.5~2ヶ月の治療が必要です。麻酔は不要で治療自体は身体に負担はほとんどありません。晩期放射線障害は重篤なものはまれですが、数~20%の頻度といわれています。
 従来の外照射より治療成績を向上させ、前述の放射線障害を減らす目的のため新しい外照射の方法や機器が開発されています。3次元原体照射(3DCRT)、強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療(IGRT)、重粒子線・陽子線治療があります。
 3DCRT、IMRTおよびIGRTは従来と同様の放射線を利用しますが、コンピューターや特殊な放射線遮蔽板を利用し、周囲臓器への放射線被爆を減らし、照射線量を増やすことを目的とした方法です。これらの方法は保険適応ですが、特殊な機器が必要なため施行施設は限られていますが、施設数は増加しています。
 重粒子線や陽子線は従来の放射線と異なる特性をもつ放射線を利用し、前立腺をピンポイントで照射する方法です。膨大な施設が必要なため全国に数施設のみで施行可能です。治療期間はIMRTなどの外照射にくらべ、短期間で済むといわれています。短期治療成績は良好ですが、手術療法や他の放射線療法のような長期成績は不明で、施行症例数も少ないのが現状です。保険適応外の治療(自費で300万円程度といわれています)です。

組織内照射(ブラキテラピー・小線源療法)



 前立腺の組織内に放射線を出す小線源を挿入して内部から治療する方法です。この治療の特徴は前立腺組織内に十分量の放射線をあて、周囲臓器への放射線被爆を少なくし、治療効果をあげ、周囲臓器の放射線障害を減らすことにあります。近年、わが国でも本治療は急速に普及し、5年以上の治療成績が報告されつつあり、手術療法の治療成績とほぼ同等の結果が報告されています。海外の報告ではさらなる長期治療成績でも全摘手術とほぼ同等であり、一般的な外照射より治療成績が良好といわれています。また、一般的な外照射より重篤な放射線障害が少ないようです。もちろん現在保険適応のもと治療できます。この治療には2種類の方法があります。

 高線量率組織内照射:ひとつは線源を一時的に挿入して照射し、治療が終了すれば前立腺から線源を抜き去ってしまう方法で線源としてはイリジウムと呼ばれる放射性同位元素が用いられます。
 低線量率組織内照射:もうひとつは小線源を前立腺組織内に永久的に埋め込んでしまう方法で本邦ではヨウ素125と呼ばれる放射性同位元素が用いられます。

 全摘手術に較べて尿失禁の心配が極めて少なく、性機能温存が60-70%で可能といわれています。これが最大のメリットですが、逆に一時的な尿閉(尿が出なくなること)や排尿障害が悪化する場合もありえます。
 高線量率組織内照射も低線量率組織内照射も線源留置のため会陰部(股の間)より十数本の針を刺す必要がありますので、脊椎麻酔下または全身麻酔下に行います。低線量率組織内照射では穿刺した針より線源を数十個前立腺内に留置したまま針を抜きますので数時間で治療は終了いたします。線源より1年弱の期間少量の放射線が出続けますので、その間は新生児や妊婦との接触はなるべく避けるなどの若干の生活制限や1年以内に死亡した場合は死亡後前立腺を摘出する解剖が必要などの約束事があります。
 高線量率組織内照射は穿刺した針よりコンピューター制御された機械で線源を出し入れし、当院では1日で2回治療します。よって治療中は針を穿刺したまま安静が必要です。治療が終了すれば針を抜去し、安静は解除されます。線源は体内に残りませんのでその後の生活制限はほとんどありません。どちらの治療も入院は一般に2泊3日から3泊4日程度に設定されています。
 低線量率組織内照射は一般的に前立腺に限局した悪性度の低い癌には単独治療をやや悪性度の高い癌には外照射を追加する(外照射単独治療の半分程度の照射)ことが多いです。なお、悪性度の高い症例や局所進行癌には適応はありません。高線量率組織内照射は転移をきたしてない前立腺癌であれば悪性度に関係なく適応がありますが、一般に外照射(外照射単独治療の半分程度の照射)を併用します。
  前立腺の大きさや癌の進行度などにより内分泌療法を併用する場合や、治療に先立ち骨盤内リンパ節切除が必要なことがあります。