医療安全管理部

医療安全管理部について

医療安全管理とは

医療安全は、医療の質に関わる重要な課題です。また、安全な医療の提供は医療の基本となるものであり、九州医療センター及び職員一人一人が、医療安全の必要姓・重要性を病院及び自分自身の課題と認識し、安全管理に努め、病院として医療安全管理体制の確立を図ることが最も重要です。このため、当院は、医療安全管理対策委員会及び医療安全管理部を設置し、院内の関係者の協議の下に、医療安全管理のためのマニュアル等を作成しています。また、インシデント事例及び医療事故の評価分析により、安全対策を継続的に改善しています。医療安全管理規程及びマニュアルは定期的に見直しを行っています。医療安全情報及び対策は委員会、研修会等を通じて、迅速に院内職員に周知徹底を行っており日々医療安全管理の強化充実を図っています。

医療安全管理部組織図

医療安全の確保には、組織として徹底したセーフティマネジメントが必要であると考えます。当院も、平成14年4月に医療安全管理者(以下「ゼネラルセーフティマネージャー」という。)が配置されたことにより、適正な組織管理と体制整備のために院長直轄の「医療安全管理部」を設置し、医療安全対策を組織横断的な立場で調整を図りながら進めています。


医療安全推進担当者(セーフティマネージャー)の配置

各部門の医療安全管理の推進に資するため、医療安全推進担当者(以下「セーフティマネージャー」という)を各診療科、各看護単位、薬剤部、臨床検査部、放射線部、栄養、リハビリテーション、MEセンターにそれぞれ1名、事務部に3名配置しています。

医療安全推進担当者(セーフティマネージャー)の役割

  1. 各職場における医療事故の原因及び防止方法ならびに医療安全管理体制の改善方法についての検討及び提言 毎朝の院長・幹部会で事例報告および協議の上、方針を決定しています
  2. 各職場における医療安全管理に関する意識の向上(各部門における事故防止確認のための業務開始時のミーティングの実施などの励行等)
  3. インシデント、アクシデントレポート内容の分析
  4. 委員会において決定した事故防止及び安全対策に関する事項の所属職員への周知徹底、その他委員会及び医療安全管理部との連絡調整 毎月の医療安全管理委員会、コア会議、セーフティー部会を通じて全職員に周知徹底しています
  5. 職員に対する「インシデントレポート、アクシデントレポート」の積極的な提出の励行
  6. その他医療安全に関する必要事項