医療安全管理部

取り組み

医療安全に関する取り組み

  1. 医療事故防止の要点と対策の作成
    委員会が、安全な医療を行なうために、エラーが発生しやすい要因毎に具体的な事故防止対策と注意事項を定めるマニュアルを作成し、関係職員に周知徹底を図っています。
  2. インシデント事例の報告及び評価分析
    インシデント事例について効果的な分析を行い、具体的に改善等につなげるようにしています。医療事安全管理に資するように当該事例の原因、種類及び内容等を「Safe Master」を活用し、評価分析を行います。
    医薬品安全管理部門の注意喚起事例(プレアボイド報告)を院内で情報共有しています。
  3. 医療安全管理研修
    個々の職員の安全に対する意識、安全に業務を遂行するための技能やチームの一員としての意識の向上等を図る為、医療に係る安全管理の基本的考え方及び具体的方策について、全職員に対し研修を行っています。研修企画にあたっては、全国で頻発している医療事故を踏まえながら、年度当初に実施時期・対象者・研修テーマ・講師などを検討して企画し、その他、部署ごとにも医療機器等の安全な取扱いについて適切な研修を行っています。さらに法令医療安全研修は複数回実施し、全員研修の徹底を図っています。
  4. 医療安全対策ネットワークへの協力
    医療現場におけるインシデント、アクシデント事例等を全国の医療機関から一元的に収集し、この情報を基に、ガイドラインの策定、製品の基準化、関係団体への改良要請等を行う医療安全対策ネットワークに対し、情報提供や試行的な実施等の協力を行っています。

地域医療における医療安全の推進

  1. これまで九州管内の国立病院機構病院と医療安全の相互チェックを実施
  2. 2018年4月より済生会福岡病院、福岡市民病院、佐田病院及び今津赤十字病院とともに福岡地区の病院相互の医療安全の推進にも取り組んでいます

医療安全情報の積極的発信

医療機能評価機構から発信された警鐘事例に基づいた医療安全情報を、全職員に向けて院内グループウェアや医療安全管理委員会で臨時に、また定期的に情報提供しています

医療安全に関する相談窓口

医療相談窓口からお気軽にご相談下さい。医療安全管理者や医療メディエーターが対応致します。なお、医療事故防止の取り組みをまとめた「九州医療センター医療安全管理規程」は、どなたでも閲覧できるように病院内の各階に設置しております。