緩和ケアセンター

役割・組織図

緩和ケアセンターの役割

  • 多職種(医師、看護師、薬剤師、心理士等)で組織された緩和ケアチームによる専門的緩和ケアの提供
  • 苦痛のスクリーニングにより「身体のつらさ」や「気持ちのつらさ」の早期把握と対応
  • 意思決定支援としてACP(アドバンス・ケア・プランニング)活用の推進と体制づくり
  • がん看護相談外来の運用支援
  • 医療従事者に対する研修会などの運営
  • 院内の地域連携室と協力し、地域医療機関との連携した緩和医療の提供
  • 緊急緩和ケア病床を確保した入院体制の整備
  • 県内のがん診療連携拠点病院と連携した充実した緩和ケア医療の構築

組織構成図(緩和ケアチーム、緩和ケア外来、地域との連携)メンバー