感染制御部[ICT]

院内感染とは?

 院内感染とは、院内で発生した病原微生物によるすべての感染をいいます。入院患者が院内で感染した場合の他、病院職員、外来患者、更に親族など病院を訪れた人が、病院内で感染を受けた場合も含まれます。
 入院患者のなかには、全身状態の悪化や高度医療などにより抵抗力が低下し、感染症にかかりやすい状態になる事もあります。治療や感染予防の際に、薬剤耐性菌などにも注意する必要があります。