栄養サポートチーム[NST]

当院のNST活動

経腸栄養ポンプの普及

経腸栄養(EN)ポンプの必要性
◎幽門後チューブ栄養では必須
・小腸内のチューブは自然落下では定速注入は困難
・小腸内への投与速度が早いと下痢、ダンピング症候群を誘発
・一部の不溶性食物繊維含有栄養剤でも必要


積極的な経腸栄養の施行

RTH方式の経腸栄養剤とは
RTH=Ready To Hang(つり下げ式)
◎栄養剤の容器からそのまま投与できる製剤
利点

 1.細菌汚染されない
 2.容器へ移し替える手間がない
 3.容器を洗浄せずにそのまま廃棄できる
欠点

 1.投与量が調節しにくい
   →容量の異なる2タイプが必要
   (当院では、300mlと400mlを採用)


PEGの推進

▲PEG:経皮的内視鏡下胃瘻造設


嚥下機能評価

摂食嚥下障害の評価法
 ・病歴(むせ、咳、痰、声の変化)
 ・身体所見(意識、口腔、咽頭反射)
 ・スクリーニング検査
  (水飲みテスト、食物テスト)
 ・VF:嚥下造影
 ・VE:嚥下内視鏡


シンバイオティクスを用いた排便コントロールの施行

プロバイオティクス
◎プロバイオティクスとは腸内細菌叢(フローラ)のバランスを改善することにより、宿主に有益な作用をもたらす生きた微生物の総称


ビフィズス菌や乳酸菌など


プレバイオティクス
◎プレバイオティクスとは胃や小腸で吸収されずに大腸に到達し、ビフィズス菌や乳酸菌の餌になり、これらの菌を増やすことで有益な働きをする。


グアーガムなど高発酵性粘性水溶性食物繊維やオリゴ糖など


ブリストル排便スケールによる便性状の客観的評価