栄養サポートチーム[NST]

経腸栄養アクセス

経腸栄養アクセス

1. 経口

意識レベルが正常で、誤嚥の危険のない患者
経口摂取の補助食として 1.5-2.0kcal/ccの製剤を使用

2. 経鼻胃管

ボーラス投与(30分以内)-間欠的投与(1-2時間)
胃食道逆流を防ぐため上体挙上(30度以上)
誤嚥のリスクのある患者では時間をかける→経腸栄養ポンプが必要

3. 経鼻十二指腸・空腸チューブ

逆流による誤嚥のリスクのある患者
持続投与(24時間持続が原則)→経腸栄養ポンプが必要
上体挙上の必要なし→褥瘡をもつ患者にも適応あり

4. 経皮胃・腸瘻

4-6週間以上の経管栄養の必要性のある患者

経腸栄養剤の分類

消化態栄養剤・半消化態栄養剤とは?

1.消化態栄養剤(Oligomeric Formula) :理論的には三大栄養素が分解された製剤

糖質:単糖類 多糖類(デキストリン)
窒素源:アミノ酸浸透圧が高すぎる アミノ酸・オリゴペプチド
脂肪:遊離脂肪酸 中性脂肪(乳化)
成分栄養剤:窒素源がアミノ酸のみからなるもの

2.半消化態栄養剤(Polymeric Formula):窒素源が 蛋白
 窒素源が大豆蛋白質、ミルクカゼインやその加水分解物。他の成分は消化態栄養剤と同じ

薬品・食品の違いとは?

1.薬品
 通常の薬品と同じく治験を経て開発され、薬として処方される→薬代が必要
 製造過程で薬品(微量元素など)を混合できる(消化態製剤はすべて薬品)
 開発コストがかかるため、 細やかな病態別製剤を作りにくい

2.食品
 経腸栄養剤として開発された食品 → 食事代が必要
 食品添加物以外の使用は認められていない(微量元素は添加できない
 食品はすべて半消化態栄養剤
 開発費が安いので病態別製剤をつくりやすい→選択枝が広い \\

当院の経腸栄養剤(薬品)

半消化態
経腸栄養剤
ラコール ラコール
200mL
1 kcal/mL
日本人にあわせて脂肪エネルギー比を20%として、 ω-3系脂肪酸を多く含む(n-6/n-3比=4:1)
フレーバー:コーヒー、ココア、グレープフルーツ、レモンスカッシュ
エンシュア エンシュア・リキッド
250mL
1 kcal/mL
使用経験の長い経腸栄養剤のスタンダード 微量元素(Zn、Fe等)の含有量が多い
味:ミルク、コーヒー味
消化態(成分)
経腸栄養剤
エレンタール エレンタール
80g/包
300 kcal/包
日本で初めて開発された成分栄養剤。アミノ酸としてグルタミンを多く含有するが、脂肪エネルギー比は1.5%と少ない。
フレーバー:パイナップル、ヨーグルト、コーヒー、抹茶、オレンジ、青リンゴ
エレンタールP エレンタールP
40g /包
156 kcal/包
日本で開発された新生児・乳幼児用の成分栄養剤。脂肪エネルギー比は8%として必須脂肪酸欠乏を予防した。アミノ酸組成は人乳成分に近い。食物アレルギーも適応あり。
肝不全用
経腸栄養剤
アミノレバン アミノレバンEN
50g /包
210 kcal/包
Fischer比 38とした肝不全用。6.4g/100kcalと蛋白が多く、糖質が少ない。
フレーバー:アップル、パイナップル、バナナ、コーヒー、抹茶、コーヒーミルク、フルーツミックス
ヘバンED ヘパンED
80g/包
310 kcal/包
Fischer比 61とした肝不全用。蛋白量3.6g/100 kcal、NP Cal/N比=150と通常製剤と同様。
フレーバー:オレンジ、パイン、リンゴ

当院の経腸栄養剤(食品)

  
栄養剤
種類
ファイバー
特徴
* メディエフバック
(300, 400ml)
1kcal/ml
基本型
(RTH)
(電解質rich)
1.2g/100kcal
水溶性
無菌的に投与できるRTH方式。Na含有量が80mEq/Lと高い(食塩換算で0.47g/100kcal)。低ナトリウム血症の症例に適応。1200kcal以上摂取で所要量を満たせる。 (n-6) : (n-3)比=4 : 1
 * インスロー
(250ml)
1kcal/ml
糖尿病 1.5g/100kcal
水溶性
パラチノース、分岐デキストリン、キシリトールは小腸での吸収を遅らせて高血糖を予防。一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)が70% でn-3系の脂肪比率も高い。 (n-6) : (n-3)比=2.4 : 1
* タピオン
(200ml)
1kcal/ml
糖尿病
下痢・便秘
1.8g/100kcal
水溶性
不溶性
タピオカデキストリンを使用し血糖上昇抑制。一価不飽和脂肪酸オレイン酸を68.8%含有。食物繊維は大豆ふすまなど不溶性繊維を使用。オリゴ糖(1g/1pack)を配合。(n-6) :  (n-3)比=3.6 : 1
* テルミールミニ
(125ml)
1.6 kcal/ml
経口補助用 なし 味は種類が多く飲みやすいため、経口の補助食に適す。ナトリウム、カリウムなどのミネラルや微量元素が少ないため、単独投与は注意が必要。 (n-6) : (n-3)比=6.7 : 1
* リーナレンLP
リーナレンMP(125ml)
1.6kcal/ml
腎不全保存期 1.0g/100kcal
水溶性
保存期腎不全用、透析期腎不全用がある。蛋白質、カリウム、リンの制限が必要な場合に有効。腎機能に応じ混合して使用する。
 * ライフロンQL
(125ml)
1.6kcal/ml
呼吸管理型
糖尿病
(脂質rich)
0.5g/100kcal
水溶性
エネルギーに対する脂質比が44%と高いため二酸化炭素産生が少なく慢性呼吸障害患者に適す。抗酸化物質コエンザイムQ10を含有。 (n-6) : (n-3)比=2.5 : 1
 * テルミール2.0α
(200ml)
2kcal/ml
心不全
腎不全透析期
なし 少ない水分量で多くの熱量投与が可能。カリウムは12.8mEq/Lと少なく、水分、カリウムを抑えたい透析患者にも適す。 (n-6) : (n-3)比=4 : 1
 * アイソカルサポート
(200ml)
1.5kcal/ml
排便コントロール 1.5g/100kcal
水溶性
1パックにサンファイバー約1包分のグアーガム分解物を含有する.Zn,Cu強化.乳糖なし
 * テルミールPG
ソフト
(400kcal/267g)
逆流防止
(半固形タイプ)
1.5kcal/g
0.4g/100kcal
水溶性
半固形タイプのため一気に注入する。胃から食道への逆流を防止できる。胃からの排出も抑制し、血糖上昇や下痢の発生も抑える。脂肪エネルギー比は20%と低めで、 (n-6):(n-3)比=4 : 1
 * プロシュア
(240ml)
1.25kcal/ml
がん患者用
(EPA rich)
0.8g/100kcal 1パックに1.1gのEPAを含有し、炎症性サイトカインの産生減少など、炎症反応の抑制が期待できる。また、5.3g/100kcalの高たんぱく質であり、筋肉組織の合成をサポートする。
 * ヘパスII
(125ml)
1.2kcal/ml
肝不全用
(BCAA rich)
3.3g/100kcal Fischer比(分枝鎖アミノ酸/芳香族アミノ酸):18 脂質にDHA、EPAを含有。
 * アルジネード
(125ml)
0.8kcal/ml
創傷治癒促進 なし 創傷治癒に効果的とされるアルギニン2500mg含有。そのほか亜鉛、鉄、 銅 、セレンなどの微量元素やビタミン類を多く含む。
 * GFO
(15g)
3.6kcal/包
腸管リハビリ 5g/包
水溶性
腸粘膜萎縮の予防、下痢防止目的に用いる。
グルタミン 3g、食物繊維 5g、オリゴ糖 1.45g含有。