教育計画

1)レベル I対象研修(卒後1年目 )

対象
目的
目標


1











  1. 看護実践に必要な基礎的知識・技術・態度を修得し、安全で確実に実践できる能力を養う。
  2. 社会人、専門職業人、チームメンバーの一員としての自覚を持ち、職場に適応する。
  1. 専門職業人・社会人としての基本的なマナーを身につけることができる。
  2. 患者の安全・安楽を考慮し、根拠に基づいた看護を提供できる。
  3. 基本的看護技術を患者に応じて安全に実践できる。
  4. コミュニケーションの基本が理解でき、患者・家族との適切な援助的コミュニケーションを図る。
  5. 仕事の悩みや不安を共有し、職場における対人関係作りや対処法を考えることができる。
  6. 受け持ち看護師として、入院から退院まで継続した看護を助言のもと実践ができる。
  7. 自己の看護観を表現でき、将来目標とする看護師・助産師像を思い描くことができる。

2)レベル II 対象研修

対象
目的
目標






  1. 看護実践者としての基本的能力を基盤に、根拠に基づき対象の状況に応じた看護実践能力を養う。
  2. ケーススタディを通して、看護実践を振り返ることで自己の看護観を深めることができる。
  3. 後輩と共に学習する。
  1. 対象の状況に応じた安全で安楽な看護実践を行うために必要な知識・技術を習得する。
  2. 患者・家族の反応を受け止め、尊重した対応ができ援助的関係を形成することができる。
  3. 体験を通して受け持ち看護師の役割と課題を明確にすることができる。
  4. ケーススタディを通して、実践した看護を研究的視点で評価できる。
  5. 後輩の心身の変化を気にかけ、配慮することができる。

3)レベル III 対象研修

対象
目的
目標



II



  1. 的確に看護判断し、患者の状況に合わせて個別性を重視した看護を実践する
  2. 看護実践者として、後輩の学習を支援できる。
  1. 受持ち患者を全人的に理解し、専門的知識と技術を統合して個別的な看護が実践できる。
  2. 後輩の学習を支援できるよう責任と自覚を持ち行動できる。

 

4)レベル IV 対象研修

対象
目的
目標



II
I


  1. 新人看護師を取り巻く現状や課題を理解し、後輩育成の役割を果たすことができる。
  2. チームリーダーとしての役割行動がとれる。
  1. 新人看護師の特徴や課題を理解し、各部署の年間支援計画に基づいて支援・育成ができる。
  2. 相手の成長段階に応じた指導方法について理解し、新人看護師の状況に応じて支援を行い、成果を把握し次の支援につなげることができる。
  3. 自己の関わりを振り返り、支援者としての自己の役割と課題を明確にできる。
  4. 専門職業人として求められるリーダーシップについて理解し、看護チームのリーダーとして行動する。
  5. 看護の質向上にむけて、自部署の課題の改善が図れるよう業務改善に取り組むことができる。

 

5)レベル V 対象研修

対象
目的
目標



IV



日々の看護実践の中から解決すべき問題に、研究的に取り組み、研究の成果をまとめる能力を習得する。
  1. 専門職業人として求められる研究的態度や研究の目的等について理解する。
  2. 日々の看護実践の中より生まれる疑問等から、看護の科学性(エビデンス)や質の向上の観点で研究テーマにつなげ取り組むことができる。
  3. 研究計画書作成から研究実施、データ収集、結果分析(統計学的処理含む)、論文作成に至る一連の過程を実践を通して学ぶことができる。
  4. 研究論文としてまとめ、院内や院外で発表することができる。

 

6)グレードアップ研修 I・II(専門領域別研修)

コース 目的
目標
専門領域別 グレード
アップ
研修
I・II
高度診療施設における専門職業人としての知識・技術・態度を修得し、対象の状況に応じた看護実践ができる。
  1. 専門的な知識・技術を修得し、適切な看護実践が提供できる。
  2. 教育方法を学び、科学的な根拠に基づいた指導ができる。

グレードアップ研修 I は、主として専門領域に関する基盤となる知識を習得し、グレードアップ研修 II では学んだ知識を臨床現場での実践に活かし、最終的にその活動内容を事例としてまとめる。

 

7)看護助手

コース 目的
目標
看護助手
九州医療センターの職員の一員としての役割を認識し、知識・技術を高め、質の向上をはかる。
  1. 九州医療センターの職員の一員としての自覚を持つことができる。
  2. 医療チーム及び看護チームの一員としての看護補助業務について理解し行動できる。
  3. 看護補助業務遂行に必要な基礎的知識・技術を習得し、病棟で安全に実践ができる。

8)看護管理(看護師長・副看護師長)

コース 目的
目標
看護師長
  1. 看護師長として看護の質を向上させるための研究的態度を養う
  2. 看護師長としての看護管理能力を高める。
  3. 看護師長としての役割を自覚し、職務を果たす能力を身につける。(昇任師長)
  1. 看護実践における指導的役割、病棟管理の内容を述べることができる。
  2. スタッフの能力と意欲を引き出す働きかけができる。
  3. 主体的に看護を計画し、実施できるよう指導助言ができる。
  4. 看護部の理念・目標に基づいた指導ができる。
  5. 専門職として継続教育の必要性を働きかけることができる。

    ※副看護師長は、看護師長の指導のもとに、上記目標が達成できる。
副看護師長
  1. 副看護師長として看護の質を向上させるための研究的態度を養う。
  2. 副看護師長としての看護管理能力を高める。
  3. 副看護師長としての役割を自覚し、職務を果たす能力を身につける。(昇任副師長)

9)外部向け研修(健康講座・看護実践能力開発講座)

コース 目的
目標
健康講座
地域社会のニーズに対応し、地域住民の健康の保持・増進に寄与する。ならびに、地域住民に地域密着型病院としてアピールする。
  1. 地域住民が疾病に対する理解を深め、健康管理や疾病の予防に役立てることができる。
  2. 地域密着型の病院として、地域住民にアピールすることができる。
看護実践能力
開発講座
地域連携の一環として、連携施設の看護職員の質の向上に寄与する 当院の診療・看護に関する情報発信、広報の機会とする。
  1. 地域連携施設の看護職員が、看護の質向上に役立つ知識・技術・態度を学ぶことができる。
  2. 地域連携施設の看護職員が、当院の診療・看護の特徴を理解することができる。
看護職員の能力開発及びキャリアパス教育計画看護研究発表業績頑張るナースのアドバイス公開講座・研修会のご案内