院内で活躍する看護師

ゼネラルセーフティマネージャー

医療安全管理部副部長として、安全な医療の提供に向け、65部署71名の現場の医療安全推進者とともに力を合わせて取り組んでいます。パステルオレンジのユニフォームで組織横断的に活動し、情報が速やかに流れる組織の構築を目指しています。

 

 

専任教育師長

臨床教育部副部長、臨床研究センター教育研修研究室副室長として、院内全職員及び、地域の看護職員に対する教育・研修を企画・運営しています。看護職員の教育では、教育担当副看護部長・職場長・教育委員会とともに院内教育を企画・運営し、新採用者の円滑な職場適応のための教育的な環境作りの支援にも努めています。

 

 

地域医療連携室専任看護師長(地域医療連携係長)

平成20年度から、専任看護師長が配置になり、メディカルソーシャルワーカーや診療部・事務部・コメディカル等多職種と協働しながら、患者・家族の不安や悩みに対し、支援を行っています。また、地域医療支援病院としての役割遂行のため、地域の医療機関との連携窓口としての活動も行っています。

 

 

診療看護師(JNP)

緊急性や重症度の高い患者さんに対し、医師の指示のもとに一定範囲(動脈からの採血、感染のない皮膚の縫合、中心静脈カテーテルの挿入等)の特定行為を提供できる看護師です。

 

 

認定看護師

感染管理認定看護師

感染制御部(ICT)の専従看護師として、また感染管理のエキスパートとして、患者の皆さんや来院される方、医療従事者および施設の環境などを対象として、感染のリスクを最小限に抑えるためにさまざまな活動を行っています。医師や薬剤師、検査技師と共に毎週の院内ラウンドを実施し感染対策の指導を行ったり、感染症の患者さんのケアに参加したりしながら、病院内の感染対策の質向上が図れるよう日々活動しています。

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法看護のエキスパートとして、患者さんや家族の皆様が安心して治療をうけ、苦痛が少なく生活することができるように副作用対策、セ ルフケア支援を行っています。また、がん化学療法看護の質の向上をめざし、スタッフ指導、コンサルテーション活動を積極的に行っています。日々発 展する化学療法が安全に実施できるように、多職種と協働しながら取り組んでいます。

がん性疼痛看護認定看護師

緩和ケアチームの一員として、活動日や緩和ケアチームラウンドを通して、がん患者や家族の痛みやつらい症状の緩和に対する支援、様々な経過における患者の意思決定支援などを行っています。また、がん看護相談外来では、がん分野認定看護師と共に外来通院中の患者や家族への支援を行い、安心して療養生活が送ることができるよう活動しています。。

皮膚・排泄ケア認定看護師

院内の各部署を組織横断的に活動し、褥瘡の発生予防や早期治療に向けたケア、脆弱な皮膚を持つ患者のスキンケア、ストーマ造設患者の術前~術後の看護を実践しています。 褥瘡ラウンドでのケアの実践や症例検討など学習を通じて、各部署の専任看護師を協力しながら、褥瘡ケア、スキンケアを推進し、看護の質をの向上に努めています。 消化器センター、泌尿器科の医師・看護師を協働でストーマ外来を運営し、オストメイトの生活支援を行っています。 。

緩和ケア認定看護師

緩和ケアチームの専従看護師として組織横断的にチームメンバーと協働し、患者・家族の皆様に対して、症状マネジメントや心理支援、意思決定支援等を行っています。また、急性期病院として診断時、診断の早期から緩和ケアとして、患者さんのその人らしさを大切にケアができるように取り組んでいます。

透析看護認定看護師

慢性腎不全および透析治療を受ける患者さんやご家族が、身体的、精神的に安定したその人らしい生き方が送れるように専門的知識を用いて看護実践し、看護スタッフ、多職種と連携を取りながら、良い状態が維持できることを目指しています。安全、安楽な血液透析を意識し、患者さんが安心して受けられるように支援しています。

慢性心不全認定看護師

心不全は、増悪と緩解を繰り返す急性期疾患であると共に慢性疾患です。進行を少しでも防止できるように、全てのステージの患者さんの身体・精神・社会面からアセスメントを行い、自宅での生活を見据え、よりよいケアを提供します。

救急看護認定看護師

救命の最前線で、職種を超えたチームの一員として、一刻を争う事態に対処しています。また、突然の出来事に不安を抱えるご家族の支えになるよう関わります。 院内で実際に起こった急変事例について振り返りを行い、急変対応アドバイスをしています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中急性期の重篤化回避のモニタリングと、廃用症候群予防・離床、機能障害に応じたリハビリテーション看護を日々のケアに組み込み実践しています。「できるADL」を「するADL」に変えていけるよう、理学療法士をはじめとする多職種と協働し、患者さんのセルフケア能力の促進と生活の再構築に向けた支援を行っています。また、脳卒中予防の健康管理について生活習慣を振り返り、患者さん・ご家族への 指導・相談に対応しています。

乳がん看護認定看護師

乳がんは、患者さん自身の人生設計、ライフスタイルだけでなく、ご家族をはじめとした周辺の環境に大きな影響を及ぼす病気であることや、治療において選択肢が多いこと等から、専門的な支援が必要とされます。乳がん看護認定看護師は、乳がん看護のエキスパートとして、そのような患者さんの思いを受け止めながら、共に考えることを大切に患者さんが「自分らしく」生活して頂けるよう活動しています。

糖尿病認定看護師

糖尿病は慢性疾患であり、かつ進行性の疾患です。糖尿病に併発しやすい合併症予防と悪化防止はもちろんのこと、健康人と同様に生活の質を保ちながら、自己管理ができるように支援していく役割を担っています。また、院内教育機会等を通して、看護師教育の役割も担っています。

手術看護認定看護師

患者さんやご家族が安心して手術に臨むことができるように、専門的な知識と技術を活かして、周手術期(術前・術中・術後)を通した看護実践を行っています。また、医師や他職種と連携し、安全な医療と日々進化する高度医療を提供しています。


 

 

治験管理看護師

臨床試験支援センターでは、7名の看護師がCRC(臨床試験コーディネーター)として活動しています。薬剤師、臨床検査技師のCRCとともに協力して、治験(臨床試験)に携わるチーム内の調整をし、治験が適正かつ円滑に実施できるようサポートしています。

 

 

HIV専任看護師

エイズ治療九州ブロック拠点病院として、患者の皆様の健康維持とQOL向上のため、3名の免疫感染症(HIV)専任看護師が活動しています。患者の皆様の権利を守るアドボケーター的役割、親身に相談にあたるカウンセラー的役割、治療について医師と協議するセカンドオピニオン的役割を果たしています。また、他施設の医療従事者への教育研修を企画・運営しています。

 

 

院内で活躍する看護師認定看護師日誌空白空白空白空白