認定看護師日誌

●認定看護師日誌を掲載

当センターの様々な分野の認定看護師による院内外の活動報告を掲載させていただきます。

 

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 

脳卒中は、早期に離床、リハビリ訓練を行うことで回復力が高まります。廃用症候群を予防しつつ、回復を目指す上で、離床は必須です。

詳しくはこちら→

2018.07.02

 

*
 

皮膚・排泄ケア認定看護師 

平成30年4月5日、スキンケア演習を行いました。皮膚トラブル予防に向け、スキンケア用品の使い方、医療機器の正しい固定方法を学びました。

詳しくはこちら→

2018.05.18

 

*
 

がん性疼痛看護認定看護師 

平成28年10月より、がん分野認定看護師によるがん看護相談外来を開設し、1年と5か月が経ちました。

詳しくはこちら→

2018.03.08

 

*
 

慢性心不全看護認定看護師 

冬場は風邪をはじめとする感染症が増えることや血圧の上昇などが関係し、心不全のリスクが高まります。心不全患者さんが増えるこの時期に、心不全のリスクを知り、知識を深めるため心臓血管ハイケアセンターで感染予防についてスタッフと学びました。

詳しくはこちら→

2018.02.05

 

*
 

救急看護認定看護師 

救急看護の目的である「命を救い生を支える」ために、救急看護師一同日々学びを深めています!

詳しくはこちら→

2017.12.12

 

*
 

認定看護師 

今年度から当院で活動開始しました!

詳しくはこちら→

2017.09.08

 

*
 

手術看護認定看護師 

術中の看護の質の向上を目指し、手術室看護師、医師、皮膚・排泄ケア認定看護師で手術体位の検討会を行いました。

詳しくはこちら→

2017.08.17

 

*
 

乳がん看護認定看護師 

乳がん手術後の合併症として、リンパ浮腫があります。 発症率はリンパ節郭清を受けた患者さんで10~20%と推測されますが、その数字以上に患者さんは不安をもたれます。

詳しくはこちら→

2015.10.01

 

*
 

感染管理認定看護師 

当院では、病棟でリーダーシップを発揮する経験年数4年目以上の看護師を対象にジェネラルナース研修を実施しています。

詳しくはこちら→

2015.09.25

 

*
 

脳卒中リハビリテーション認定看護師 

国立病院機構九州ブロック内の脳卒中患者の看護に携わっている看護師を対象に、“脳卒中看護エキスパート研修”が行われました。

詳しくはこちら→

2015.03.03

 

*
 

感染管理認定看護師 

医療従事者は、点滴や採血など針を扱う機会が多く、患者さんに使用した針を誤って自分に刺して感染症にかかってしまう職業感染の可能性があります。

詳しくはこちら→

2015.02.24

 

*
 

透析看護認定看護師 

今年から慢性期疾患に関連した認定看護師主催の学習会を実施しています。院内はもちろん院外からもたくさんの看護師さんに参加していただきました。

詳しくはこちら→

2015.02.09

 

*
 

緩和ケア認定看護師 

平成26年7月12日(土)・13日(日)

緩和ケア研修会を開催いたしました。院内外の看護師の方にもご参加いただきました。

詳しくはこちら→

2014.11.05

 

*
 

乳がん看護認定看護師 

乳がんは手術だけでなく、乳がんのタイプによって、再発予防のための様々な治療が必要です。治療による外見の変化(乳房の変形、脱毛、皮膚や爪の障害、むくみなど)は心理的な苦痛が大きく自己価値を下げてしまう場合があります。

詳しくはこちら→

2014.09.30

 

*
 

がん化学療法看護認定看護師 

今年から認定看護師主催でがん看護に関する学習会を行うこととなり、5/20(火)に第1回目の学習会が終了しました。第1回目のテーマは「がん化学療法の基本~抗がん剤の安全な取り扱い~」「その人らしい看取り支える」です。

詳しくはこちら→

2014.7.15

 

*
 

皮膚・排泄ケア認定看護師

平成26年4月19日(土)、第1回看護実践能力開発講座として『褥瘡防止対策の実践 基礎編』を開催致しました。


詳しくはこちら→


2014.7.15

 

*
 
院内で活躍する看護師認定看護師日誌*