エイズとはどんな病気でどんな経過をたどるんですか?

HIV/AIDSについてのよくある質問

エイズとはどんな病気でどんな経過をたどるんですか?

エイズとは、「後天性免疫不全症候群」を略した言葉です。HIVがCD4リンパ球に感染すると体の中の免疫力が壊されてしまうので、免疫機能が低下し、健康時には抑えられていた病原性の弱い微生物やウイルスが暴れだし、さまざまな病状が現れ「日和見(ひよりみ)感染」などを起こします。(これは体の弱った老人や抗癌剤などで免疫が弱った患者さんにもおきます。)

HIVに感染しても、ほとんどの人には症状がありません。この症状がない状態は長い間続きますが、この状態を「無症候性キャリア」といいます。さらに免疫が弱くなると、いくつかの日和見感染などをおこします。この状態を「エイズの発症」といいます。

つまり、 エイズ発症 ≠ HIV 感染ということです。

エイズ発症とは、以下の23の指定された日和見感染症のどれかにかかったときのことをいいます。

真菌症

  • カンジダ症(食道、気管、気管支または肺)・・・カビが原因で食道炎や気管支炎、肺炎を起こす(→主な日和見感染症参照
  • クリプトコッカス症(肺以外)・・・ハトの糞などにより感染し、髄膜炎や前身感染症(骨随、肝臓、血液)を起こす
  • ニューモシスチス肺炎(→主な日和見感染症参照
  • コクシジオデス症
  • ヒストプラスマ症(全身性または肺外)

原虫症

  • トキソプラズマ脳症・・・ネコなどが原因で脳に感染巣が出現し、けいれんや意識障害、神経症状が起きる
  • クリプトスポリジウム症(1ヶ月以上下痢の続く慢性腸炎)・・・水道水に含まれることがあり感染する。小腸炎を起こし、一ヶ月以上の下痢が続き体重が減少する
  • イソスポーラ症(1ヶ月以上下痢の続く慢性腸炎)

細菌感染症

  • 非定型抗酸菌症(肺、皮膚、頚部もしくは肺門リンパ節以外の部位、または、これに加え全身性に播種したもの)
  • 化膿性細菌感染症
  • 再発性サルモネラ菌血症
  • 活動性結核

ウイルス感染症

  • サイトメガロウイルス感染症(肝、脾、リンパ節以外)
  • 単純ヘルペスウイルス感染症(1ヶ月以上持続する粘膜、皮膚の潰瘍を呈するもの、または、気管支炎、肺炎、食道炎を併発するもの)
  • 進行性多巣性白質脳症

腫瘍

その他

  • HIV消耗性症候群・・・発熱や下痢が1ヶ月以上続き体重が10%以上減り慢性的な衰弱を伴う
  • HIV脳症・・・HIVによって直接引き起こされる脳症。認識、運動障害、痴ほう症状が起こる
  • 反復性肺炎(1年に二回以上肺炎が起きる)
  • リンパ性間接性肺炎/肺リンパ過形成:LIP/PLH complex

Q&A一覧へ戻る