客員研究員要項

国立病院機構九州医療センターにおける客員臨床研究員に関する事項を、次のとおり定める。

目的

第1条 国立病院機構九州医療センター(以下「センター」という。)以外の研究機関等の研究者との研究及び学術交流の促進を図り、もってセンターの臨床研究を推進し、臨床研究の発展を図ることを目的とする。

資格

第2条 本規程に定める客員臨床研究員とは、次の各号に掲げる者のうち許可権者(病院長)が客員臨床研究員として適当と認めた者で、国内外の保健医療・研究・教育関係機関等に所属し、センターが行う重要な臨床研究に一定期間参画する者とする。
 一、医療機関における医療従事者等のうち、高度の専門的な知識又は技術を有する者
 二、民間企業における研究者のうち、高度の専門的な知識又は技術を有する者
 三、大学及び公的研究機関における研究者のうち、高度の専門的な知識又は技術を有する者
 四、海外の研究者で高度の専門的な知識又は技術を有する者
 五、機構において研究に従事して退職した者又はこれに準ずると認められる者

客員臨床研究員の研究申請書

第3条 前条の規定による客員臨床研究員として研究を希望する者は、別紙様式1の客員臨床研究員研究申請書に履歴書その他許可権者が必要と認める書類を添付の上、許可権者に提出するものとする。
 2 許可権者は、客員臨床研究員研究申請書を受理したときには、当該申請者を客員臨床研究員として適当と認めるか否かを審査し、適当と認めた者に対して別紙様式2により通知するものとする。

活動範囲等

第4条 客員臨床研究員は、センターにおいて活動できるものとする。ただし、病院における第3条第2号に規定する客員臨床研究員については、臨床研究センターに限り受け入れるものとする。
 2 客員臨床研究員は、無給とする。

研究内容

第5条 客員臨床研究員は、許可権者(病院長)又は研究内容の協議につき許可権者(病院長)の委任を受けた者(以下「許可権者等」という。)とその研究内容を協議するものとする。

諸規程の遵守等

第6条 客員臨床研究員は、センターの諸規程等を遵守するとともに、研究設備及び消耗品等の使用については、許可権者等の指示によるものとする。

研究期間

第7条 客員臨床研究員の研究期間は1年以内とし、客員臨床研究員が別紙様式3の客員臨床研究員研究期間延長申請書を提出した場合には、許可権者は必要に応じてこれを延長することができる。ただし延長期間は過去の研究期間を含めて3年を限度とする。
 2 前項の規定により研究期間の延長を許可された者には、別紙様式4により通知するものとする。

許可権者等を臨床研究指導責任者に

第8条 臨床研究指導責任者は、次のとおりとする
 臨床研究指導責任者、臨床研究センターセンター長、部長および各研究室長、各診療科長及びこれに準ずる者。

診療行為の禁止

第9条 臨床研究指導者は、客員臨床研究者の知識・技能・経験を考慮して、適切な監督により臨床研究の指導を行うものとする。尚、客員臨床研究員は原則としてセンターにおいて診療行為を行わないものとする。

研究の終了

第10条 客員臨床研究員は、研究期間の満了又はやむを得ない事情により研究の終了を希望するときは、別紙様式5の客員臨床研究員研究終了報告書を許可権者に提出するものとする。
 2 許可権者(病院長)は、病院の業務に支障をきたすと認められる場合には、客員臨床研究員の研究を中止させることができる。
 3 第1項の規定により研究期間が満了した者には、別紙様式6により通知するものとする。
 4 第1項及び第2項の規定により研究許可を取り消された者には、別紙様式7により通知するものとする。

研究発表

第11条 客員臨床研究員は、センターで行った研究業績を、許可権者(病院長)の許可を得て発表することができる。また、客員臨床研究員は原則として研究成果、または研究経過を研究終了後1ヶ月以内に責任者に報告書として提出するものとする。
 2 客員臨床研究員が学会、または学術書等にセンターで行った共同研究で得た研究結果等を発表する時は事前に責任者の承認を得るものとする。
 3 客員臨床研究員の特許権発表に関する臨床研究実績等については職員に準じて取り扱うものとする。

弁済

第12条 客員臨床研究員及び研究依頼機関等は、故意又は重大な過失により損害を与えたときは、自らの弁済の責任を負うものとする。

規程の実施

第13条 この規程の実施に関し必要な事項は、病院長が別に定める。

附則

この要項は平成13年 9月 1日から施行する。
改  訂 平成16年 4月 1日。
この規程は平成23年 4月 1日から施行する。

別紙様式一覧

様式1〜様式7/クリックでダウンロード