HOME > ダヴィンチについて

  ダ・ヴィンチ
『da vinci Si』は、主に前立腺がんの手術などに使われる腹腔鏡手術支援ロボットです。 ダ・ヴィンチは、ロボットの操作を行う操作盤(サージョンコンソール)、鉗子を装着したロボットアーム部(ペイシェントカート)、内視鏡の映像を映し出すモニター部(ビジョンカート)の3つの部分から構成されています。


  ダ・ヴィンチの特徴

● 3D HD Vision
術野がリアルな3D映像で表示されており、術者は操作部のモニターで奥行きのある体内映像を見ることができます。
● 直感的な動き
操作部では、術者の眼と手の距離感を維持し、鉗子の直感的な操作を可能にします。人間の手では出来ない、ミリ単位の操作が可能です。
● 柔軟な動き
ロボットの手は、人間の手と同等以上の可動域を持っています。これにより、人間ではありえない角度の手の動きが可能です。


  ダ・ヴィンチ手術のメリット

•低侵襲手術による、体の負担の軽減
•術後回復が早い(在院日数の短縮)
•少ない出血量

国立病院機構 九州ブロック管内で第一号
九州医療センター 手術部に平成25年11月整備されました。
泌尿器科、消化器外科、呼吸器外科、婦人科 にて使用されています。


独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター
〒810-8563 福岡市中央区地行浜1丁目8番地1号 FAX 092-847-8802
TEL 092-852-0700