平成30年度 九州医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 296 106 327 661 1,171 1,738 3,656 4,853 2,734 397
 当院では出生時から高齢者まで幅広い年齢層への医療を提供しております。周辺人口では30-40歳代がピークですが、当院の入院患者に限りますと60-80歳代の方が多くなります。
 入院治療で多いのは。0歳児では出生時の集中治療(NICU)、1歳~9歳で鼠径ヘルニア、停留精巣、扁桃炎、10~19歳で気胸、虫垂炎、頭部の骨折、20~49歳では妊娠に関する治療(切迫早産まど)、子宮頸がん、膠原病、乳癌、50~79歳では各種がん(肺、前立腺、血液、胃、乳腺)、狭心症などの心臓疾患、脳血管障害(脳梗塞、内頚動脈狭窄症)、関節リウマチなど、80歳代以上では各種がん(肺、肝臓、血液、膀胱)脳血管障害(脳梗塞、脳塞栓症)、心臓疾患(心筋梗塞・狭心症)、といった入院治療を多く行っています。

 すべての指標は、厚生労働省通知の集計条件で集計しています。具体的には、平成30年度に退院した医療保険制度利用のみの患者で、臓器移植者、DPC包括請求制度の対象外の患者(24時間以内に死亡した患者、新規保険適応の手術や薬剤を使用した患者など)が集計対象外となります。このため、実際の当院の診療実績より少ない数値となることがあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
代謝内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 85歳未満の末梢循環不全以外の合併症を伴う、もしくは、合併症を伴わない2型糖尿病に対するインスリン治療 36 13.89 13.90 0.0% 60.53
100180xx990x0x 褐色細胞腫、腺腫などの副腎良性腫瘍に対する診断、加療 36 6.14 6.35 0.0% 62.31
100180xx991xxx 褐色細胞腫、腺腫などの副腎良性腫瘍に対する検査(副腎静脈サンプリング) 33 2.94 4.02 0.0% 54.85
100071xx99x100 85歳未満の末梢循環不全または多発合併症を伴う2型糖尿病に対するインスリン治療 27 14.70 14.27 0.0% 67.70
100120xx99xxxx 肥満症に対する治療(手術を行わないもの) 21 12.90 16.28 0.0% 48.43
 代謝内分泌内科で最も多いのは、2型糖尿病患者さんの入院です。検査結果に基づいて最適な治療法を決定しますが、生活習慣の自己管理次第で成果も変わってくるため、食事指導を含めた適切な生活習慣と病気に対する知識を身につけていただきます。また糖尿病の患者さんが、他科で手術を受ける前に、短期集中的に血糖コントロールを行う場合もあります。肥満症の患者さんに対して二次性肥満の有無、また食事療法による減量を行っております。
2番目に多いのは内分泌疾患の精査入院です。副腎、下垂体、甲状腺、副甲状腺などはホルモンを分泌する臓器であり適切な分泌が必須であるため、ホルモン分泌に異常がないか、腫瘍が存在しないかの精密検査を行います。検査の結果、手術が必要な場合は、外科系の診療科と連携して行います。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫に対するリツキサン治療 161 12.28 16.17 3.7% 67.30
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群や芽球増加型不応性貧血に対するアザシチジンによる投薬治療 73 10.01 10.62 0.0% 76.77
130010xx97x2xx 急性白血病に対する輸血+化学療法 46 37.59 40.13 4.3% 64.63
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群や芽球増加型不応性貧血に対する輸血+アザシチジンによる投薬治療 42 18.67 21.33 2.4% 74.17
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫に対するベンダムスチン塩酸塩による投薬治療 38 11.32 13.75 0.0% 71.24
 非ホジキンリンパ腫とは血液がんの一種です。全身のリンパ節が腫れたり、寝汗や熱が続いて体重が減ったりします。リンパ節や骨髄の組織を採取して病理診断しますが、色々なタイプがあって使うお薬もそれぞれに異なります。一般的には、抗がん剤(CHOP療法、ベンダムスチンなど)と抗体薬(リツキシマブなど)を組み合わせた治療を繰り返すことで治癒も期待できます。
 骨髄異形成症候群は貧血、白血球減少、血小板減少を伴う造血不全症です。ほとんどは慢性に経過しますが、急性骨髄性白血病に進展することもあります。治療法は輸血などの支持療法、造血因子による治療、免疫抑制療法、抗がん剤治療(アザシチジンなど)などからリスクに応じて選択します。完治させるための唯一の方法は移植治療ですが、移植に関連した合併症も多いためすべての患者さんに行えるわけではありません。当院では毎年多くのリンパ腫、骨髄異形成症候群の診療を行っています。
膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 皮膚筋炎や全身性エリテマトーデスなどに対する診断や治療 192 13.57 15.58 3.6% 59.19
070470xx99x0xx 関節リウマチに対する診断や治療 81 13.60 15.90 7.4% 67.44
070470xx99x5xx 関節リウマチに対するインフリキシマブによる投薬治療 39 4.03 2.73 7.7% 62.08
070560xx97x00x リウマチ性多発筋痛症や全身性エリテマトーデスに対する輸血による治療など 27 24.78 27.07 7.4% 67.33
070560xx99x01x 食道カンジダ症などの真菌感染症を伴うリウマチ性多発筋痛症や全身性エリテマトーデスなどに対する治療 14 16.71 27.21 7.1% 57.86
 当科では年間約700名の入院患者を診療しております。
 最も多い入院患者の病気は膠原病(全身性エリテマトーデス、強皮症、混合性組織病、皮膚筋炎/多発性筋炎など)であり、発病初期の患者さんから合併症を有する患者さんまで幅広く診療を行っております。膠原病は多臓器に病変をきたすことが多く、入院後にCT、エコー、MRIなどの評価を含め全身の評価を行った後に病変の広がりに応じた適切な治療を行うようにしております。また、合併症を有する患者さんや他院での治療が困難な患者さんに対しても積極的に受け入れ、最先端の治療を行っております。
 次に多い患者さんは関節リウマチです。関節リウマチの治療方針は近年格段の進歩を認めました。当科における治療も生物学的製剤治療を含め積極的な薬物治療を行っております。さらに、診断の難しい方や合併症などで治療困難な患者さんに対しても積極的に受け入れ、適切な治療を行う方針としております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎不全に対する治療(手術・針生検・血液透析以外のもの) 97 13.81 12.05 2.1% 70.34
110280xx02x1xx 末期腎不全に対する内シャント手術+血液透析 53 30.36 35.72 7.5% 71.43
110280xx97x00x 腎炎、腎不全に対する輸血治療など 17 13.53 16.27 17.6% 72.21
110280xx02x00x 慢性腎不全などに対するシャント設置術 14 25.07 8.75 0.0% 73.14
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群に対する治療 12 26.67 21.40 8.3% 68.58
慢性腎不全の診断・治療のため入院となった患者さんの内訳としては、血液透析などの腎代替療法を実施する症例と腎不全の評価教育目的で入院された症例に分けられます。
 腎代替療法を必要とする場合は、透析に必要な内シャント術を行い、内シャントが十分発達した後に穿刺を行い、血液透析を開始することが多く、そのため平均在院日数が31日と長くなっています。腎不全の評価教育目的で入院された患者さんは、心血管病の合併症の精査を受けていただき、腎臓病教室などに参加されていますが、通常2週間未満で退院となっており、平均在院日数は13.8日でした。
 慢性腎不全に伴う貧血の増悪を認めた患者さんは、消化管検査を行い出血源の同定を行っています。また、必要に応じて輸血を施行することがあります。
 腎生検目的で入院された症例に関しては、ステロイド投与などの加療が必要がなく診断のみで退院となる場合でも、腎生検後の再出血のリスクを考慮して、生検後1週間の入院安静を行っています。また、ステロイド投与での加療を行う場合でも、特にIgA腎症に関しては、ステロイドパルス療法を2クール行っています。
 ネフローゼ症候群の評価加療目的で入院した場合は、腎生検を行いその診断を確立します。膜性腎症や微小変化型ネフローゼ症候群などの疾病に対しては、高容量のステロイドを長期間投与されますので、入院期間が1カ月以上になります。糖尿病性腎症によるネフローゼ症候群の症例も少なからずありますが、利尿剤投与により浮腫のコントロールを行いますが、2-3週間程度の入院加療が必要となります。
高血圧内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx990x0x 原発性アルドステロン症、副腎良性腫瘍どの診断、治療 27 3.67 6.35 0.0% 55.85
100180xx991xxx 原発性アルドステロン症に対する静脈造影カテーテル検査(副腎静脈サンプリング) 24 3.25 4.02 0.0% 52.29
050140xx99x00x 高血圧症、高血圧性心不全などの診断や治療 21 8.48 8.80 4.8% 61.71
110280xx99000x 腎炎や腎不全に対する治療 - - 12.05 - -
100310xx97xxxx 腎血管性高血圧に対する経皮的腎血管拡張手術 - - 6.78 - -
 当科では、血圧を下げる薬を3種類以上併用しても血圧が下がりにくい⽅や、原発性アルドステロン症などの⼆次性高血圧(高血圧の原因がはっきりしており、場合によっては手術などで高血圧が治ることもある)が疑われる⽅の紹介を多く受けています。外来減塩指導も含めて、必要があれば3~4日程度の短期間の検査入院で精査しています。
免疫感染症内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130160xxxxx0xx HIVに対する治療(中心静脈注射や抗がん剤治療を行わないもの) 13 13.62 19.65 0.0% 49.54
130170xxxxxxxx 血友病に対する治療 - - 11.32 - -
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎に対する治療(中心静脈注射や人工腎臓などを行わないもの) - - 5.42 - -
010086xxxxxxxx プリオン病に対する治療 - - 31.49 - -
060270xx99x0xx 急性肝炎、ウイルス性肝炎に対する治療(手術や人工腎臓などを行わないもの) - - 12.17 - -
 当科は九州エイズ診療ブロック拠点病院の中心の専門科としてHIV診療にあたっており、症例はほとんどがHIV感染症およびAIDS治療です。また政策医療として薬害エイズ被害者(血友病)の救済医療も行っています。さらに、HIVに合併した重篤な性感染症や日和見感染症の治療も行っています。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx99x3xx 頭頚部悪性腫瘍(梨状窩、舌、声帯、咽頭など)に対する抗がん剤治療+放射線治療 18 30.44 36.03 5.6% 62.00
03001xxx99x4xx 頭頚部悪性腫瘍(梨状窩、舌、声帯、咽頭など)に対する抗がん剤治療(放射線治療を行わないもの) 16 16.38 12.90 0.0% 62.69
060035xx99x60x 結腸(上行、横行、下行、S状結腸など)の悪性腫瘍に対する抗がん剤治療(ベバシズマブによるもの) 13 9.15 4.41 0.0% 69.15
03001xxx99x00x 頭頚部悪性腫瘍(梨状窩、舌、声帯、咽頭など)に対する検査や治療(手術・化学療法・放射線療法などは行わないもの) - - 13.20 - -
11001xxx99x0xx 腎臓の腫瘍に対する診断や治療(手術や化学療法を行わないもの) - - 9.98 - -
 当科では主に胃がん、大腸がんなどの消化器がん、乳がん、頭頸部がん、腎細胞がん、膀胱がんなどの尿路上皮がんで進行期にある患者さんの抗がん剤治療を行っています。持病や合併症をお持ちの患者さんであっても関連する診療科と協力し、最善の治療法を検討・実施しています。
 また、臓器横断的な抗がん剤治療の専門診療科として、悪性軟部腫瘍や原発不明がん、希少がんの治療にも尽力しています。
脳血管神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010070xx99020x 脳動脈狭窄・閉塞症やもやもや病に対するSPECTまたはPETによる精査入院 181 3.58 5.73 0.0% 67.51
010060x2990401 85歳以上の脳梗塞(軽症:JCS10未満)に対するエダラボン治療 105 15.80 16.18 40.0% 69.90
010040x099000x 脳内出血に対する診断・治療(手術や人工呼吸などを行わないもの) 65 18.80 18.72 66.2% 65.94
010060x2990201 85歳以上の脳梗塞(発症3日目以内で、かつ、軽症:JCS10未満)のものに対するリハビリテーション 52 14.40 16.16 21.2% 71.52
010230xx99x00x てんかんに対する診断や治療(手術や人工呼吸などを行わないもの) 51 7.10 7.28 13.7% 67.43
 DPCコード:「010070xx99020x」は、動脈硬化やもやもや病などによって脳動脈に狭窄や閉塞病変を有する症例を対象に、短期間で脳血流評価や原因検索を行い、診断と病態に応じて治療方針を決めます。 
 DPCコード:「010060x2990401」は、85歳以上の比較的軽症(JCS10未満)の急性脳梗塞症例を対象に、エダラボン投与による脳保護療法、抗血栓療法による脳梗塞の再発と増悪予防、急性期からの積極的なリハビリ、脳梗塞のリスク評価とその治療を実践します。約6割の方が自宅退院、残る4割の方が回復期リハビリを目的に医療連携を行います。
 DPCコード:「010040x099000x」は高血圧などを基盤に発症する脳内出血で、意識レベルが比較的軽症なため脳外科手術を受ける必要がなかった方を対象に、急性期の降圧療法や積極的なリハビリ治療を行います。約1/3の方が自宅退院され、残る2/3の方がリハビリを目的に医療連携を行います。
 DPCコード:「010060x0990201」は、85歳以上の急性脳梗塞で軽症(JCS10未満)で発症3日目以内の症例を対象に、抗血栓療法による脳梗塞の再発と増悪予防、脳梗塞のリスク評価とその治療、および積極的なリハビリを実践します。約8割の方が自宅退院、残る2割の方が回復期リハビリを目的に医療連携を行います。
 DPCコード:「010230xx99x00x」は、てんかんで入院され、画像や脳波検査を行い、抗てんかん薬を中心とした内科治療を行います。多くは自宅に退院されますが、一割強の方がてんかんの原疾患(脳梗塞や脳出血の既往等)により、リハビリを目的に医療連携を行います。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺癌等に対する気管支鏡検査入院 265 4.15 3.43 1.9% 70.91
040040xx99040x 肺癌に対する抗がん剤治療(カルボプラチン+パクリタキセル治療や一部の生物学的製剤治療を除く) 146 10.4 10.00 2.1% 71.22
040110xxxxx0xx 間質性肺炎の診断、治療 84 10.19 19.06 7.1% 72.15
040040xx9905xx 肺癌に対する抗がん剤治療(カルボプラチン及びパクリタキセルによる投薬治療) 75 13.88 19.34 0.0% 70.71
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸症候群に対する検査入院 72 2.00 2.04 0.0% 62.63
 肺がんは、肺に発生する悪性腫瘍であり、主な組織型として腺がん、扁平上皮がん、小細胞がん、大細胞がんがあります。それぞれの組織型で進行の早さや治療法が異なります。治療法としては、手術が第一選択ですが、転移などで手術が行えない症例では、放射線療法や薬物療法の選択肢があります。薬物療法には抗がん剤、分子標的薬、免疫療法などがあり、肺がんの種類、年齢、合併症などに併せた治療法を選択します。
 間質性肺炎は、多くは難治性の慢性肺疾患であり、原因不明の特発性と膠原病などの続発性が存在します。ステロイドや免疫抑制剤の治療以外に抗線維化薬という治療薬が存在しますが、間質性肺炎の種類や重症度に応じて、適切な治療開始時期や治療法を選択していく必要があります。
 睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に低呼吸や無呼吸を来す疾患で、中枢性と閉塞性があり、多くは気道が狭いことによっておこる閉塞性です。日中過眠や脳梗塞、心筋梗塞などのリスクとなるのが問題となります。CPAP治療というマスクを夜間につける治療法が有効であり、 睡眠時ポリソムノグラフィーという入院での検査を行って、CPAP治療が必要かどうかを調べることが出来ます。         
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸・大腸ポリープに対する手術(内視鏡的ポリープ・粘膜切除術など) 211 3.64 2.67 0.5% 64.27
060340xx03x00x 総胆管結石に対する手術(内視鏡的胆道ステント留置手術、内視鏡的乳頭切開手術など) 123 9.42 10.08 12.2% 73.02
060020xx04x0xx 胃癌に対する手術(内視鏡的早期悪性腫瘍粘膜下層剥離手術をおこなうもの) 106 8.71 8.52 0.9% 71.27
06007xxx97x00x 膵癌に対する内視鏡的手術(ステント留置術、胆管ドレナージなど) 67 7.52 13.33 3.0% 71.04
060050xx97x00x 肝癌に対する手術(血管塞栓術など) 46 11.30 10.42 4.3% 73.15
 消化器内科で最も多いのは、大腸の良性腫瘍(腺腫やポリープなど)の内視鏡的治療であり、内視鏡的に良性腫瘍を焼灼する治療です。当院では、平成26年よりコールドポリペクトミーを呼ばれる術後出血の少ない切除方法を導入しています。2番目に多いのが、胆嚢から胆管へ出てしまった胆石や、胆管の閉塞に対する内視鏡的治療であり、内視鏡的に胆石を取り除いたり狭くなった胆管を広げて胆汁の流れをよくする治療です。3番目に多いのは、胃癌の内視鏡的治療であり、内視鏡で癌を観察しながら電気メスを使って癌をはぎ取る治療です。4番目に多いのが、膵癌に対する内視鏡的治療であり、癌によって狭くなったり閉塞した膵管に、ステントという管を入れて流れをよくする治療です。5番目に多いのは、肝臓の中の悪性腫瘍(肝細胞癌や胆管癌)に対する内科的治療で、経皮的に針をさして癌を熱やアルコールで治療したり、カテーテルから肝動脈に抗がん剤を投与する治療法です。

(注)この集計にはDPC包括制度対象外の一部の新規抗がん剤の治療や短期入院の手術は含まれていませんので、実際の入院患者数より少ない数値となっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患に対する心臓カテーテル検査(血管内超音波検査・SPECT検査なし) 307 3.01 3.01 0.0% 70.50
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患に対する手術(経皮的冠動脈ステント留置や形成手術など) 270 5.09 4.47 0.4% 69.07
050070xx01x0xx 心房細動・心房粗動・上室性頻拍などに対する手術(カテーテルアブレーションなど) 197 5.48 5.15 1.0% 66.76
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患に対する検査入院(心臓カテーテル検査+血管内超音波検査などを行うもの) 103 2.99 3.15 0.0% 70.40
050030xx97000x 急性心筋梗塞に対する手術(経皮的冠動脈ステント留置術など) 75 11.73 12.52 5.3% 68.16
 心臓病に対して心臓カテーテル検査を行う場合、通常3日程度の入院を必要とします。しかし狭心症や心筋梗塞に対する治療として、冠動脈ステント留置術というカテーテル手術を行う場合は3〜6日程度の入院が必要です。
 一方、急性心筋梗塞の場合は緊急入院となり、可及的速やかに経皮的冠動脈ステント留置術などを行います。入院期間は心筋梗塞の重症度により異なり、軽度であれば7日程度、重症の場合は3〜4週間程度の入院が必要です。
 脈の速くなる不整脈に対して行うカテーテルアブレーションもカテーテル手術の一つですが、3〜5日程度の入院が必要です。カテーテル手術は術後の回復が早いため、退院翌日から通常生活が可能となります。脈の遅くなる不整脈に対してペースメーカー植込み術を行う場合は、10日〜12日の入院が必要です。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070470xx01x0xx 関節リウマチに対する手術(人工関節置換術 膝、股、指、趾関節など) 35 24.69 24.22 42.9% 66.86
070470xx02x0xx 関節リウマチに対する手術(足趾形成術手術など) 21 24.76 19.68 14.3% 68.14
070470xx97x0xx 関節リウマチに対する術前の検査や自己血貯血 13 3.46 20.29 0.0% 66.15
070470xx99x0xx 関節リウマチに対する治療(手術やリハビリなどを行わないもの) - - 15.90 - -
070470xx99x5xx 関節リウマチに対する治療(インフリキシマブによる治療) - - 2.73 - -
 関節リウマチは薬物治療の向上のおかげで手術症例数は減少してきています。それでもまだ患者さんのQOL改善のための手術は行われています。人工関節置換術や元の関節を残したまま行う関節形成術などを、関節の部位やその変形の程度に応じて適宜行っています。人工関節置換術などの出血が多いと予想される手術では術前に自己血貯血を行い、それを手術当日に患者さんに輸血しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 高ビリルビン血症や新生児細菌感染症、無呼吸発作などの新生児疾患(出生時体重2500g以上)に対する治療(手術や人工呼吸等は行わないもの) 49 7.51 6.17 6.1% 0.00
140010x299x2xx 低出生体重児(出生時体重1500g以上2500g未満)RSウイルス予防あり 34 25.85 27.46 0.0% 0.00
140010x299x0xx 低出生体重児(出生時体重1500g以上2500g未満、パリビズマブ治療なし) 31 14.32 11.32 0.0% 0.00
140010x299x1xx 低出生体重児(出生時体重1500g以上2500g未満)中心静脈注射や人工呼吸による治療が必要なもの 13 31.54 22.18 7.7% 0.00
140010x199x1xx 新生児呼吸障害や一過性多呼吸などの新生児疾患(出生時体重2500g以上)に対する治療(中心静脈注射、人工呼吸等) - - 11.34 - -
 当院は福岡県の地域周産期センターに指定されており、早産や病気の赤ちゃん(新生児)の治療を行っています。4階東病棟のNICU(新生児集中治療室)やGCU(新生児治療回復室)において、(1)(5)新生児は出生に伴い、呼吸や循環など子宮内から子宮外の環境へ適応するためにダイナミックな変化をとげます。その適応過程がうまく行かない新生児の治療(黄疸、無呼吸発作、一過性多呼吸など)、(2)(3)(4)出生体重2500g未満の低出生体重児のお子さんの治療、を小児科医と看護スタッフが協力して行っています。RSウイルス流行期は適応のある早産児(在胎35週まで)の赤ちゃんにはその予防も行っています。8階西病棟・小児センターでは、小児の一般的な疾患、例えば気管支炎や肺炎,急性胃腸炎、尿路感染症等の治療を小児科チームとして行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x0xx 腰部脊柱管狭窄症に対する手術(椎弓形成手術・椎弓切除手術など) 127 20.24 16.80 25.2% 73.36
070343xx01x0xx 腰部脊柱管狭窄症などに対する手術(椎体固定手術) 91 26.43 21.39 35.2% 70.25
07040xxx01xxxx 大腿骨骨頭壊死や変形性股関節症に対する手術(人工関節再置換術など) 84 21.18 22.27 31.0% 67.42
070230xx01xxxx 変形性膝関節症などに対する手術(人工膝関節置換手術および人工膝関節再置換手術など) 69 21.61 24.26 59.4% 75.30
160800xx01xxxx 大腿骨頸部骨折などに対する手術(人工骨頭挿入術など) 66 22.83 26.30 95.5% 83.80
 股関節や膝関節の軟骨の厚さが薄くなったり、進行すると軟骨が無くなったりすることがあり、「変形性関節症」といいます。股関節であれば、脚の付け根の痛みをおこしたり、膝関節であれば膝の痛みや⽔がたまるといった症状を起こします。内服、関節注射、リハビリなどで治らない場合に⼈⼯関節手術を行うことがあります。
 脊柱管は背骨、椎間板、関節、⻩⾊靱帯などで囲まれた脊髄の神経が通るトンネルです。「脊柱管狭窄症」では加齢、労働、病気などで脊柱管が狭くなって(狭窄)、それによって神経が圧迫され、神経の血流が低下して、ふとももや膝から下にしびれや痛みがでて歩きづらくなったりします。リハビリ、神経ブロック、内服治療などで治らない場合に手術を行います。他の医療機関では受け⼊れていない広範囲の狭窄や合併症をお持ちの⽅の手術を行っており、⼊院期間が⻑くなることもあります。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 鼻骨・頬骨・眼窩底骨折などに対する手術(鼻骨骨折整復固定術など) 17 4.35 5.37 0.0% 22.29
080007xx010xxx 皮膚の粉瘤や脂肪腫などに対する手術(皮膚良性腫瘍摘出手術など) 16 4.06 4.05 0.0% 48.88
080010xxxx0xxx 膿皮症に対する治療 - - 12.51 - -
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍に対する手術(乳房再建手術など) - - 8.23 - -
100100xx97x0xx 糖尿病による下肢の病変(潰瘍など)に対する手術(分層植皮術や創傷処理など) - - 23.88 - -
 形成外科では、主に皮膚腫瘍、外傷、腫瘍切除後の再建、先天性疾患などの手術を行っています。また、肥厚性瘢痕、ケロイド、眼瞼下垂症といった保険診療範囲内で可能な治療も行っています。手術は予約制で全身麻酔や局所麻酔で行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx01x00x 脳の悪性腫瘍に対する手術(頭蓋内腫瘍摘出術など) 32 17.88 21.16 28.1% 60.06
160100xx97x00x 慢性硬膜下血腫に対する手術(穿孔洗浄手術など)(人工呼吸や中心静脈注射を行わないもの) 29 5.59 9.69 17.2% 75.52
010070xx99020x もやもや病や内頚動脈狭窄などに対するSPECT等による検査入院 29 3.38 5.73 0.0% 57.55
010010xx99000x 脳腫瘍に対する診断・治療 23 4.04 11.45 8.7% 62.43
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤に対する手術(脳動脈瘤頸部クリッピング術など)(動脈造影カテーテル・人工呼吸などを行わないもの) 19 13.68 15.41 0.0% 63.21
 脳腫瘍には、グリオーマをはじめとする脳実質内にできる腫瘍と、髄膜腫などの脳実質外腫瘍があります。脳実質内腫瘍は基本的に悪性ですので、開頭術を行い可能な限り腫瘍を摘出した後に放射線化学療法を行う必要があります。脳実質外腫瘍は脳神経や重要な血管を巻き込んで発育することが多く、摘出操作により様々な症状を引き起こすことがあり、治療難度が高いものが多いです。
 慢性硬膜下血腫は、頭部打撲後1~2ヶ月程の経過で頭蓋骨と脳の間にたまる古い血腫ですが、抗血栓療法中の方や出血性素因を持っている方では、明らかな頭部外傷がなくても起こることがあります。これにより脳が圧迫されることにより頭痛や麻痺などの症状を生じることがあり、局所麻酔の手術で血を取り除くと症状が劇的に改善します。
 もやもや病は頭蓋内の血管が進行性に細くなる原因不明の病気で、内頚動脈狭窄症は動脈硬化などによって頚動脈が狭くなる病気です。どちらも脳梗塞の原因になります。成人発症のもやもや病では脳出血を起こすこともあります。SPECTで脳血流を調べて著しく低下している場合は、症状が軽くても血行再建術を行うことがあります。
 脳動脈瘤は破裂するとくも膜下出血を起こすため、年齢や動脈瘤の大きさによっては、見つかった段階で開頭クリッピング術やコイル塞栓術を行うことがあります。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺癌に対する手術(肺悪性腫瘍手術(胸腔鏡下手術、開胸手術)) 176 10.62 11.87 2.8% 69.43
040040xx99040x 肺癌に対する抗がん剤治療(カルボプラチン及びパクリタキセル治療や一部の生物学的製剤を除く) 39 9.10 10.00 0.0% 68.85
040200xx01x00x 気胸に対する手術(肺切除術など) 36 10.17 10.08 2.8% 37.17
040040xx9910xx 肺癌疑いなどに対する気管支鏡検査 30 3.57 3.43 3.3% 72.17
040040xx9900xx 肺癌に対する診断や治療(抗がん剤や手術を行わないもの) 14 9.00 14.58 14.3% 71.57
 当科では胸部・呼吸器疾患を専門として、手術を中心に診療を行ってい ます。もっとも多く診療する疾患は肺がん、肺転移などの悪性腫瘍で、手術や抗がん剤治療の経験豊富なスタッフが、専門性の高い診療を行っています。近年は低侵襲で精密な手術が可能となるロボット手術を積極的に行っています。
心臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 心臓弁膜症に対する手術(弁置換術、弁形成術、大動脈瘤切除手術など)、肺炎などの合併症を伴うもの 37 25.03 24.00 24.3% 70.30
050163xx99000x 胸部または胸腹部の大動脈瘤の診断、治療 19 4.21 8.47 0.0% 71.47
050163xx01x10x 胸部または胸腹部の大動脈瘤に対する手術(大動脈瘤切除手術など)(人工呼吸もしくは中心静脈注射あり) 16 29.44 28.31 18.8% 70.00
050050xx0101xx 狭心症に対する手術(冠動脈、大動脈バイパス移植術など)(人工呼吸もしくは中心静脈注射あり) 16 21.50 22.91 50.0% 67.31
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤に対する手術(大動脈瘤切除手術など)(人工呼吸もしくは中心静脈注射あり) 13 31.15 28.37 76.9% 67.38
 弁膜症(大動脈や僧帽弁など自分の弁が壊れたところを修繕する“弁形成”や、人工弁で入れ替えてしまう“人工弁置換術”)、冠動脈(狭くなった冠動脈をバイパスする手術)、大動脈(人工血管置換や、血管内だけでカテーテルで治療を行うステント)などを積極的に行っています。また複雑なケースでも、いくつかの手技を同時に行う複合手術も多数行っており、ご高齢の方であっても、早期に回復できる症例も多数あります。緊急手術(急性大動脈解離など)も昼夜を問わず行っています。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 下肢閉塞性動脈硬化症に対する手術(血管拡張・血栓除去術など) 72 6.42 5.50 2.8% 75.24
050163xx03x0xx 腹部・腸骨動脈瘤に対する手術(ステント内挿手術など) 55 12.95 12.01 3.6% 77.78
050180xx02xxxx 下肢静脈瘤に対する手術(下肢静脈瘤手術など) 36 4.53 2.85 0.0% 69.36
050170xx03001x 肺炎や敗血症などの合併症を伴う下肢閉塞性動脈硬化症に対する手術(動脈塞栓除去術 その他のものなど) 20 17.35 11.01 20.0% 80.20
050163xx02x0xx 腹部・腸骨動脈瘤に対する手術(大動脈瘤切除術など) 19 15.37 17.30 0.0% 70.05
 当科で診療を行っている代表的な血管疾患は、1)腹部大動脈瘤、2)閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患)、3)下肢静脈瘤です。
 1)腹部大動脈瘤:動脈の壁が脆くなり、動脈が拡張する病気です。大動脈瘤の多くは、腹部大動脈に生じ、破裂を来すと致命的です。動脈瘤が大きくなると破裂の危険性が高くなります。予防的手術の成績は良好であり、破裂の危険性が高い患者さんが手術の対象となります。
 2)閉塞性動脈硬化症:動脈硬化で動脈が詰まることにより血行障害(虚血)を起こす病気です。歩行時の下肢の痛み(跛行症状)を自覚する場合は、肢切断に至る危険性は少なく、薬物治療を優先しています。安静時にも足趾の痛みがある場合や、足趾に潰瘍や壊疽がある場合は、肢切断に至る危険性が高く、早期の血行再建が必要です。潰瘍や壊疽の傷に対しては、形成外科や内科とのチーム医療で治療しています。
 3)下肢静脈瘤:体表面を走る静脈の逆流防止弁が壊れることにより、静脈血の逆流(うっ血)を来す病気であり、突然死の危険性のあるエコノミー症候群とは異なります。生命や下肢に重大な事態は引き起こしませんので、うっ血の症状が高度な場合が手術の対象となります。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 15歳未満の鼠径ヘルニアに対する手術(ヘルニア手術や腹腔鏡下ヘルニア手術など) 42 3.00 2.82 0.0% 4.24
140590xx97xxxx 停留精巣に対する手術 13 3.00 3.14 0.0% 2.23
060170xx02xxxx 腹壁や臍のヘルニアに対する手術(ヘルニア手術や腹腔鏡ヘルニア手下術など) - - 8.26 - -
11022xxx02xxxx 陰嚢水腫に対する手術(陰嚢水腫手術など) - - 4.73 - -
060380xxxxx0xx 胃腸炎に対する治療(中心静脈注射などを行わないもの) - - 5.42 - -
 お腹の中にある小腸や大網、卵巣などの臓器が飛び出してきて、鼠径部が腫れてくる病気を鼠径ヘルニア(脱腸)といいます。お子さんの外科手術では最も多い病気で、胎生期の精巣下降に際して、鼠径部に伸びる腹膜鞘状突起という腹膜のポケットが生後も閉じずに残存するために、腹腔内臓器の脱出が起こるものです。脱出した臓器や周囲組織の血流が悪くなることをヘルニア嵌頓と呼び、この際は早急な還納が必要になります。 1歳未満の鼠径ヘルニアは自然に治ることもあるといわれていますが、嵌頓傾向のない場合、生後4~12ヶ月以降に手術を計画します。手術には鼠径部を切開して腹膜鞘状突起を結紮・横断する方法 (従来法 (Potts法など) ) と、腹腔鏡下に結紮する方法 (LPEC)
があります。全身麻酔となりますので、全国的にも2泊3日で行う施設が多いようです。
 鼠径ヘルニア手術は,簡単な手術のように考えられがちですが、専門的には難しい側面が多く、当院のような小児外科専門施設での治療をお薦めします。
消化管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸癌・盲腸癌に対する手術(悪性腫瘍手術(開腹・腹腔鏡手術)など) 81 15.58 15.30 1.2% 71.58
060020xx02x00x 胃癌に対する手術(悪性腫瘍手術(開腹・腹腔鏡手術)など) 61 18.80 16.49 6.6% 70.28
060010xx99x40x 食道癌に対する抗がん剤治療 58 8.36 9.58 1.7% 67.19
060160x001xxxx 15歳以上の鼠径ヘルニアに対する手術(ヘルニア手術など) 43 4.53 4.96 0.0% 68.05
060150xx03xxxx 急性虫垂炎に対する手術(腹腔鏡下虫垂炎切除術など) 30 6.13 5.49 0.0% 44.47
 消化管外科では⾷道、胃、⼤腸の悪性疾患を中⼼に診療しており、手術の多くは低侵襲手術である内視鏡手術で行っており、その割合は80%を越えています。胃癌、直腸癌に対してはロボット手術も保険診療で行っています。また当科では消化管癌に対する化学療法も積極的に行っており、先進医療などの最先端治療も行っています。一方、鼠径ヘルニアや虫垂炎などの良性疾患、救急疾患に対する内視鏡手術も多く行っています。
肝胆膵外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx0300xx 肝癌に対する手術(肝悪性腫瘍マイクロ波凝固手術など) 91 12.23 8.22 3.3% 69.27
060050xx97x00x 肝癌に対する手術(血管塞栓手術(TACE法)など) 91 9.85 10.42 1.1% 76.80
060050xx99x40x 肝癌に対する抗がん剤治療 55 9.73 11.26 0.0% 71.60
060335xx02000x 急性胆のう炎や胆のうポリープに対する手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術など) 49 7.43 7.30 2.0% 64.45
060330xx02xxxx 胆のう結石に対する手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術など) 28 7.07 6.52 0.0% 61.89
 当科では肝臓がんの治療として第一選択肢である肝切除術はもちろんのこと、肝機能が不良なため、あるいは個数が多いためにすべてを切除出来ない方のために、癌部のみを焼き切る治療「マイクロ波凝固壊死療法」を積極的に施行しています。
 また、それも不可能な進行肝がんの方にはカテーテルを用いて肝臓がんに抗がん剤を送り込んだあと、栄養血管を詰めて兵糧攻めにする「肝動脈塞栓術」や、カテーテルを体内に埋め込んで長期に少量ずつ抗がん剤を送り込む「肝動注療法」を行っています。
 以上のように、外科治療から化学療法まで、集学的に肝癌治療を行えるのが当科の強みです。
 また、胆道系では、特に良性の胆嚢疾患(胆嚢結石・胆嚢ポリープ)に創の小さな「腹腔鏡下胆のう摘出術」を数多く行っています。最近ではこの手技を応用して、膵臓疾患にも積極的に腹腔鏡手術を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹の治療 30 7.33 8.98 0.0% 68.60
080010xxxx0xxx 蜂窩織炎に対する治療(植皮術などの手術を行わないもの) 22 12.73 12.51 18.2% 59.32
080190xxxxxxxx 脱毛症に対する治療 16 3.38 3.52 0.0% 38.25
080006xx01x0xx 皮膚悪性腫瘍に対する手術(皮膚悪性腫瘍切除術など)抗がん剤や放射線治療を行わないもの 14 6.14 8.16 0.0% 70.00
080007xx010xxx 粉瘤、母斑、脂肪腫等の皮膚良性腫瘍に対する手術(皮膚、皮下腫瘍的手術など)植皮、皮弁などを伴わないもの - - 4.05 - -
 皮膚の悪性腫瘍では、切除単純縫縮の場合は1泊入院、植皮が必要な場合には1週間の入院が必要となります。蜂窩織炎のような感染症では2週間程度の抗生剤の点滴を行います。大きい良性腫瘍や足の裏のホクロの切除は1泊入院で行っています。痛みなどの症状が強い帯状疱疹では1週間の点滴治療を行っています。重症のアトピー性皮膚炎も入院治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺がんに対する前立腺針生検 205 2.55 2.53 0.0% 71.06
110070xx02020x 膀胱癌等に対する手術+化学療法(経尿道的膀胱腫瘍切除手術など) 95 6.68 7.40 3.2% 73.40
110080xx01xxxx 前立腺癌に対する手術(前立腺悪性腫瘍手術(ロボット支援手術)など) 62 15.02 12.63 1.6% 68.24
110070xx0200xx 膀胱癌等に対する手術(経尿道的膀胱腫瘍切除手術など) 55 8.42 7.20 0.0% 73.85
11012xxx020x0x 腎、尿管などの結石に対する手術(経皮的尿路結石除去術など) 45 7.36 5.62 2.2% 64.04
 「前立腺癌に対する前立腺針生検」とは前立腺に直接体外より針を刺して組織採取を行い、顕微鏡的に前立腺癌の確定診断を行います。当院では通常、会陰という股の間の皮膚から針を刺しますが、この方法は感染症発生が非常に少ない特徴があります。しかし、状況によっては直腸から針をさすこともあります。通常、2日間の入院で検査を行います。
 「経尿道的膀胱腫瘍切除手術」とは、膀胱癌の患者さんに対する、尿道から内視鏡を挿入して、腫瘍を切り取る手術です。通常、5 日間の入院期間で、術後3日で退院可能ですが、心臓や血管の疾患のある方では、入院期間が延⻑されます。 また、「経尿道的膀胱腫瘍切除手術」施行後、直ちに化学療法を行うことがあります。これは膀胱内再発を減少させるため、膀胱内に抗がん剤を注入するものです。
 「前立腺全摘手術」とは、前立腺癌の患者さんに対する、前立腺を摘出する手術です。現在、ほとんどの手術は、ロボット(術者が操作)による内視鏡手術で行っております。通常、入院期間は11日間ですが、体への負担が開腹手術より軽いため、希望により早期の退院も可能です。
 「腎、尿管などの結石に対する手術」は、尿管結石や腎結石に対して、主に尿道から内視鏡を挿入して、レーザーで結石を砕石する方法です。体外より衝撃波を当てて破砕する方法より砕石率は高いのが特徴です。通常、入院期間は4日間です。  
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 既往帝切・前期破水・骨盤位などに対する手術(帝王切開手術(予定または緊急)など) 92 8.90 9.70 0.0% 34.48
120170xx99x0xx 切迫早産に対する管理入院(手術を行わないもの) 36 20.64 19.69 2.8% 31.56
120170xx01x0xx 切迫早産に対する手術(子宮破裂手術など) 35 19.23 30.12 0.0% 33.51
120260xx01xxxx 胎児機能不全や切迫子宮破裂に対する手術(緊急帝王切開手術など) 30 9.73 9.63 0.0% 35.03
120180xx99xxxx 既往帝切・前期破水・骨盤位などに対する治療(手術を行わないもの) 19 5.63 6.52 10.5% 31.74
 当院は地域周産期センターであり、緊急対応を要する妊婦や褥婦の搬送が福岡市や近郊の病院からあります。また、合併症のために慎重な管理が必要な妊婦の分娩や帝王切開術を多く担当しています。中には切迫早産や妊娠高血圧症候群、前置胎盤などで早産に至る妊娠症例も多く、緊急手術が必要になる場合も少なくありません。小児科や麻酔科、手術室と連携して対応しています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮体癌・頚癌に対する抗がん剤治療 159 4.74 4.85 3.1% 63.67
120010xx99x50x 卵巣癌・卵管癌に対する抗がん剤治療(カルボプラチンおよびパクリタキセルによる治療) 145 4.62 4.61 4.1% 62.97
12002xxx02x0xx 子宮体癌・頚癌に対する手術(子宮頸部(腟部)切除術など) 71 3.25 3.20 0.0% 40.62
120090xx97xxxx 子宮脱に対する手術(腹腔鏡下仙骨膣固定術など) 43 8.12 8.86 0.0% 69.74
12002xxx01x0xx 子宮体癌・頚癌に対する手術(子宮悪性腫瘍手術など) 42 13.55 12.58 2.4% 60.21
 件数1位は子宮頸癌や子宮体癌の化学療法(抗がん剤治療)です。
 件数2位は卵巣癌・卵管癌に対する標準化学療法です。いずれも入院期間が長めなのは、より高い治療効果を期待して化学療法の投与量を多めに設定していること、より高齢の患者さんにも治療を試みていること、離島や隣接県からの患者さんを受け入れていることなどから、通常よりも体調や治療の副作用を、より慎重に評価する必要があるためと推察しています。副作用などの問題がない患者さんには、2泊3日での入院治療を勧めています。
 件数3位は初期の子宮頸癌や頸癌の前癌病変である子宮頸部上皮内腫瘍に対する円錐切除術です。
 件数4位は子宮脱に対する手術です。当科では従来の膣式子宮全摘出術に加え、腹腔鏡下仙骨膣固定術にも取り組んでおり、症例数が増加しています。
 件数5位は子宮頸癌あるいは子宮体癌の手術です。子宮体癌は近年症例数が増加しており、子宮体癌も若年では増加が目立っています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳癌に対する手術(乳房切除手術 腋窩郭清を伴うもの) 86 8.84 10.59 0.0% 61.60
090010xx02x0xx 乳癌に対する手術(乳房切除手術 腋窩郭清を伴わないもの) 56 6.88 6.23 1.8% 62.23
090010xx99x4xx 乳癌に対する抗がん剤治療(ドセタキセル水和物などを使用するもの) 54 3.00 4.28 0.0% 54.20
090010xx99x8xx 乳癌に対する抗がん剤治療(ペルツズマブなどを使用するもの) 23 4.30 5.34 8.7% 57.13
090010xx97x0xx 乳癌疑いに対する検査入院 20 5.60 6.52 0.0% 60.40
乳腺外科では乳がんの診断、手術、薬物による治療を行っております。0期を除く、ほとんどの乳がんにおいて手術だけで治療が終わることはなく薬物療法が必要になります。手術はがんの部位や広がりによって、手術方法(乳房温存術、乳房全摘、乳房再建など)を検討いたします。
術前画像検査で腋窩リンパ節転移を認めない場合は、術中迅速センチネルリンパ節生検検査を行い、センチネルリンパ節転移陰性が確認されれば、腋のリンパ節(腋窩リンパ節)の郭清を省略することが出来ます。郭清を省略することで、再発率が上がったり、予後が悪くなったりすることはなく、術後のリンパ浮腫を減らすことにつながります。
抗がん剤治療は手術前に行うもの、再発予防のために手術後に行うもの、再発治療のためのものとがあり、いずれも外来でも治療可能ですが、必要な場合は短期入院で行っております。 当院では自施設のみで放射線治療、乳房再建なども含めた乳がんに対する様々な治療が可能です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障に対する手術(水晶体再建術(両側)など) 111 5.42 5.39 0.9% 73.48
020110xx97xxx0 白内障に対する手術(水晶体再建術(片側)など) 94 3.26 2.84 0.0% 71.17
020160xx97xxx0 網膜剥離に対する手術(硝子体茎顕微鏡下離断術(片側)など) 16 10.88 9.75 0.0% 60.00
020220xx97xxx0 緑内障に対する手術(緑内障手術(片側)など) 11 9.27 8.00 0.0% 68.55
020180xx97x1x0 糖尿病性網膜症に対する手術(全身麻酔による硝子体茎顕微鏡下離断術(片側)など) - - 10.50 - -
 当院の白内障手術は片眼で2泊3日、両眼で5泊6日の入院で行っています。当院の白内障手術の特徴は虚血性心疾患など全身管理が必要な方、外来通院が困難な方が多いです。また、通常は局所麻酔で行う白内障手術ですが、認知症といった精神疾患などの局所麻酔で手術が難しい方には全身麻酔で対応しています。裂孔原性網膜剥離は急患手術として随時対応し、症例により硝子体手術あるいは強膜内陥術を適宜選択しています。
 増殖糖尿病網膜症の硝子体手術では症例によっては術前に抗VEGF薬の前処置を行い、出血をコントロールしてから手術を行っています。緑内障手術では昨年度後半よりマイクロフックを用いた低侵襲緑内障手術(MIGS)を導入しており、本年度は緑内障手術件数が増加しています。眼圧コントロール不良で視野障害が進行した症例には降圧効果の高い濾過手術(線維柱帯切除術)を行っています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030150xx97xxxx 唾液腺・喉頭・下咽頭・副鼻腔等の良性腫瘍に対する手術(腫瘍摘出手術など) 60 7.07 7.37 0.0% 53.72
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎に対する治療 36 7.00 7.04 0.0% 59.44
030230xxxxxxxx 慢性扁桃炎に対する手術など(口蓋扁桃手術 摘出など) 33 7.76 7.89 0.0% 32.76
03001xxx01000x 頭頚部の悪性腫瘍に対する手術(悪性腫瘍手術(頸部リンパ節転移を含む、植皮・皮弁等なし)など) 32 17.53 13.57 6.3% 67.59
130030xx97x00x 悪性リンパ腫の疑いに対する検査(リンパ節摘出術など) 25 6.36 8.73 0.0% 68.68
 九州医療センターでは耳鼻咽喉科の一般疾患とともに、頭頸部領域の良性、悪性疾患の診療に力を注いでおります。口腔咽頭、頸部、唾液腺の良性腫瘍に対する手術、舌癌。咽頭癌、喉頭癌、甲状腺癌などの頭頸部悪性腫瘍に対する入院治療を多く行っています。慢性副鼻腔炎に対しては内視鏡下の手術を行っています。歯性上顎洞炎に対しては口腔外科と協同して治療にあたります。
脳血管内治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤に対する動脈造影検査(中心静脈注射・人工呼吸なし) 54 3.17 3.02 0.0% 67.76
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤に対する手術(脳血管内手術など) 46 9.41 9.58 4.3% 67.80
010070xx9912xx 内頚動脈・鎖骨下動脈狭窄症などに対する動脈造影検査もしくはSPECT検査 30 4.23 5.32 0.0% 73.33
050170xx99000x 内頚動脈瘤や下肢閉塞性動脈硬化症などに対する治療(手術や心臓カテーテル検査などを行わないもの) 29 3.07 7.68 0.0% 60.34
010070xx02x0xx 内頚動脈・鎖骨下動脈狭窄症などに対する手術(経皮的頸動脈ステント留置術) 14 9.36 9.72 0.0% 74.36
 未破裂脳動脈瘤は、脳ドックなどでMRIを撮影した際に偶然見つかることがあります。動脈瘤が破れると「くも膜下出血」になります。当科では動脈造影検査を行い、大きさ、形状などから将来の破裂の危険性が高い症例に対して、脳血管内手術(動脈瘤コイル塞栓術)を行っています。
 内頚動脈・鎖骨下動脈狭窄症は、脳を栄養する血管が狭くなる病気です。狭くなることで脳への血流が悪くなり、脳梗塞を引き起こす可能性が高い症例に対して、風船(バルーン)やステントで狭くなっているところを拡張します(経皮的頸動脈ステント留置術)。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿骨頚部骨折などに対する手術(人工骨頭挿入術など) 17 20.41 26.30 88.2% 84.18
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎に対する治療(手術や人工呼吸などを行わないもの) - - 20.92 - -
030400xx99xxxx めまいに対する治療(手術を行わないもの) - - 5.10 - -
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群に対する治療(トロンボモデュリンアルファの投薬治療) - - 28.51 - -
180010x0xxx0xx 敗血症に対する治療(持続緩徐式血液濾過などを行わないもの) - - 19.01 - -
 救急科を主体に病院全科の協力体制のもと,重篤かつ緊急性を要する疾患(外傷,脳神経,循環器,感染症,中毒症,他)に広く対応しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 158 12 30 51 16 36 1 8
大腸癌 60 17 96 96 23 64 1 8
乳癌 85 93 27 13 14 36 1 8
肺癌 145 34 105 246 274 218 1 8
肝癌 50 35 46 13 33 253 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 全がん種のうち、患者数の多い上記5疾病について、進行度の指標となるUICC病期分類という国際分類別に集計したものです。当院は、地域がん診療拠点病院であり、多くの診療科が地域の医療機関と連携して、がん患者の治療にあたっています。各がん診療の連携については、関係診療科の指標(2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)、6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで))をご参照下さい。

 厚生労働省の指示による集計方法を用いておりますので、「患者数」は計測期間内の退院数となります。複数回入院の場合は、入院回数分が集計されております。StageⅣでは、化学療法や放射線療法が優先され、入退院を繰り返すため件数として多くなっております。また、がんの疑いで入院して結果が確定しなかった場合や病状等により、治療前の検査にてStageを決定する所見が得られなかった場合に関しては、「不明」に集計しております。新規治療法の一部はDPC制度対象外であり、今回の集計対象には含まれておりません。このような理由から、がん統計の集計値とは異なります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 42 13.24 61.14
中等症 123 16.70 76.80
重症 - - -
超重症 15 19.60 77.27
不明 0 - -
ご自宅で普通に生活されていた方が細菌性の肺炎になることを市中肺炎と言います。入院してから肺炎にかかると院内肺炎と区別されます。市中肺炎の軽症、中等症、重症、超重症は、以下5つの因子で構成されています。
年齢(男性70歳以上、女性75歳以上)、脱水、酸素濃度不十分、意識障害、低血圧で、全てない方は軽症、1つまたは2つある場合が中等症、3つで重症、4つ以上で超重症となります。軽症の方が平均在院日数が少なく治りが早いことが分かります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 404 19.65 72.83 46.0%
その他 135 13.70 72.45 20.7%
 I63:傷病名「脳梗塞」では、発症3日以内の急性期脳梗塞に対して、原因の病態と評価を行い、それらに応じてrt-PA血栓溶解療法、血栓回収術、脳保護療法、急性期リハビリ、抗血栓療法および脳動脈硬化リスク管理を行います。発症3日目以内の症例では半数を超える54%が自宅退院し、残る46%が回復期リハビリを目的に医療連携を行います。発症4日目以降の症例では急性期リハビリ、抗血栓療法およ動脈硬化リスク管理を行い、約8割が自宅退院、残る2割が回復期リハビリ施設へ転院します。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
代謝内分泌内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 23 5.61 5.17 0.0% 68.43
K2761 網膜光凝固術(通常) - - - - -
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの - - - - -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 - - - - -
K702-21 腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術 脾同時切除の場合 - - - - -
 血糖コントロール不良が続くと糖尿病合併症の一つである網膜症が進行し、失明する可能性もあるため、血糖コントロールと当院眼科にて光凝固術を行い、網膜症の進行を抑えます。また、血糖コントロールの悪化が悪性疾患の存在によることも考えられ、諸検査にて膵臓をはじめとする消化器疾患や、肺疾患などが発見されることがあり、それに対する加療を行います。
膠原病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 30 7.87 8.47 3.3% 69.80
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 - - - - -
K453 顎下腺腫瘍摘出術 - - - - -
K4571 耳下腺腫瘍摘出術 耳下腺浅葉摘出術 - - - - -
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 - - - - -
 当科で取り扱う膠原病・リウマチ性疾患は、全身のあらゆる臓器に病変をきたすことが知られております。そのため、消化管検査を行う患者さんも多く、検査にてポリープが見つかった時には、当院消化器内科と連携の上、積極的に治療を行う方針としております。さらに、リンパ節腫脹や胆嚢炎、下肢の静脈血栓などの幅広い合併症に対しても、それぞれの診療科と連携し、適切な処置を施行しております。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 65 8.32 18.98 7.7% 70.43
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
 内シャント(K610-3)や⼈⼯血管(K614)は、血液透析を行う際に血液を透析の器械のポンプで体内から血液を取り出すために必要なものです。内シャント造設術は、上肢の静脈と動脈にそれぞれ数mm程度の開口部を作成し、静脈と動脈の開口部を細い⽷で結び合わせる手術です。それによって動脈の血液の⼀部が静脈に流⼊し、上肢の静脈が発達していきます。抜⽷まで2週間程度必要です。通常は、上記の内シャントを作成するのですが、内シャントを作成できる血管がない場合は、⼈⼯血管を上肢の⽪下に植え込み、動脈と静脈の間に⼈⼯血管を移植することになります。術後上肢に腫れが出ますが、約2週間程度で無くなってきます。その腫れが消失したことを確認して、その⼈⼯血管に針を刺します。
 また、経⽪的シャント拡張術は、シャントの静脈の⼀部が、細くなったりして、血液を⼗分に取り出せない状態となったときに、そこをバルーンを用いて拡張するものです。その他、シャントの血流が消失してしまうと、血液の塊(血栓)ができてしまいますので、その血栓を取り除く除去術が必要となることもあります。さらに、上記の内シャントや人工血管によるシャント術がどうしてもできない患者さんもおられます。その場合には、内頚静脈(あるいは大腿静脈)に皮下トンネルを作成して長期間使用可能なカテーテルを挿入することになります。
 腹膜還流用カテーテル腹腔内留置術に関しては、腎代替療法の方法として、腹膜透析を行うことがあり、そのためのカテーテルを腹腔内に留置する手術が必要です。 平均術後日数は、約20日となっていますが、血液透析を施行せずに、シャント造設術のみで退院される場合は、抜糸までの約2週間で退院となります。一方、シャント造設術後に透析導入となった場合には、シャント穿刺を行い、通常5-6回の血液透析を行った後に退院となりますので、術後から退院までは、3週間から4週間程度入院が必要となります。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 20 2.25 7.65 0.0% 66.75
K735-4 下部消化管ステント留置術 - - - - -
K1262 脊椎、骨盤骨(軟骨)組織採取術 試験切除によるもの その他のもの - - - - -
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 - - - - -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
 抗がん剤治療を安全に外来で実施できるよう、必要な症例には中心静脈ポートの埋め込み術を行っています。またがん患者さんは病気の部位によって胆管閉塞や腸閉塞、消化管出血など様々な合併症を起こします。
 このような合併症に対しては関連する診療科と協力し、処置にあたっています。さらに、原発部位のはっきりしないがんの診療ではさまざまな手法により原発巣の検索を行い、最適な治療が提供できるようつとめています。

(注)退院診療科での集計のため、他科で手術をし当科に転科した患者においても、腫瘍内科の主要手術として集計が行われています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 187 1.48 1.65 1.6% 64.53
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 112 1.23 6.88 0.9% 71.53
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 103 0.88 9.47 5.8% 71.31
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 65 1.15 2.95 0.0% 66.69
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 54 1.59 7.87 7.4% 69.50
 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は、小腸や大腸の良性腫瘍(腺腫やポリープ)を内視鏡的に焼灼する治療です。
 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術は、胃にできた腫瘍を細いワイヤーをかけて切り取る治療で、早期悪性胃腫瘍粘膜下層剥離術は、電気メスを使って早期胃癌をはぎ取る治療です。
 内視鏡的ステント留置術は、胆管や膵臓にできた癌により胆管が狭窄や閉塞した場合に、ステントというチューブを入れて広げる治療です。
 内視鏡的経鼻的胆管ドレナージ(ENBD)は、胆管に発生した結石により胆管炎や閉塞性黄疸を起こした場合に、ドレナージチューブというチューブを使い、鼻から胆汁を身体の外に排出する治療です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 193 1.96 3.51 3.1% 68.55
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 150 2.01 3.17 0.0% 67.41
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 62 1.11 2.60 0.0% 70.06
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 52 1.63 2.15 3.8% 66.21
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 47 3.23 7.21 2.1% 78.60
 経皮的冠動脈ステント留置術や経皮的冠動脈形成術は、狭心症や心筋梗塞の患者に行うカテーテル手術です。冠動脈という心臓を栄養する動脈が、動脈硬化で狭くなったり詰まったりした状態を改善させる(血液の流れを良くする)ために行います。病変の重症度により、入院期間は3日から6日程度の幅があります。当科では重症で複雑な手技を要する患者が多く、平均在院日数は4〜6日となっています。
 経皮的カテーテル心筋焼灼術とは、脈の速くなる不整脈(心房細動や発作性頻拍症など)を根治させるためのカテーテル手術です。K5951は心房細動に対する手術で4〜5日が標準的な入院日数です。K5952は心房細動以外の不整脈に行い、通常3〜4日の入院期間となります。退院後はすぐに普通の生活に戻れます。
 ペースメーカー移植術は、脈が遅くなる不整脈に対する手術治療です。局所麻酔による1〜2時間の手術であり侵襲は少ないのですが、創部の観察のため術後一週間程度の入院が必要です。
リウマチ科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 34 2.06 20.82 44.1% 67.32
K0803 関節形成手術 肩鎖、指(手、足) 11 1.00 25.91 9.1% 67.45
K0783 観血的関節固定術 肩鎖、指(手、足) - - - - -
K0822 人工関節置換術 胸鎖、肘、手、足 - - - - -
K110-2 第一足指外反症矯正手術 - - - - -
 関節リウマチに伴う破壊が強い関節に人工関節を入れる手術を人工関節置換術といいます。多くは膝や股関節で行われますが、当科では肩や肘、足関節でも症例を選んで行っています。また元の関節を残したまま形を整える関節形成術や関節を適切な位置で固定する関節固定術も行っています。いずれの手術でも手術の創が落ち着いた後、リハビリの継続が必要な場合には、回復期の病院で治療が継続できるよう病院間で連携しています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 14 0.00 21.36 0.0% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの - - - - -
 出生は素晴らしい誕生の瞬間です。しかし、約10%の新生児が吸引や刺激などのサポートを必要とし、約1%の新生児は救命のための蘇生処置を必要とします。「産道は人生で最も短く最も危険な旅路である」といわれる所以です。赤ちゃんは呼吸を開始し、胎児特有の循環から新生児の循環へ劇的に切り替わらなければなりません。この出生に伴う変化がスムーズに行かない場合(新生児仮死)があるのです。当院では、全ての分娩に新生児蘇生法の研修を受け初期対応のできる助産師あるいは医師が立ち会います。NICUに入院が予想される場合は、蘇生のできる小児科医が立ち会います。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 151 1.75 18.97 45.7% 72.46
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 146 3.70 16.48 29.5% 73.52
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 96 3.36 23.24 37.5% 69.04
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 53 2.92 19.62 84.9% 82.57
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 47 4.02 21.96 55.3% 68.36
 関節の軟骨がすり減ったり、関節の骨が変形したりして他の治療で治らない場合は、⼈⼯関節置換術を行います。すり減った関節の骨を整えて、余分な骨を切り取り、⼈⼯関節を設置します。
 脊髄の神経が通るトンネルが狭くなる脊柱管狭窄症では神経の圧迫をとるため背骨の「椎⼸」と呼ばれる部分や靱帯の⼀部を切除して治療を行いますが、この手術を椎⼸切除術といいます。また背骨の「ずれ」や「動き」の程度によっては圧迫をとるための手術に加えて、背骨の⼀部を固定する手術を行う場合があり、「脊椎固定術」といいます。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 10 0.90 1.40 0.0% 16.90
K0842 四肢切断術 指(手、足) - - - - -
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上12センチメートル未満 - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径4センチメートル以上 - - - - -
 形成外科では、主に皮膚腫瘍、外傷、腫瘍切除後の再建、先天性疾患などの手術を行っています。また、肥厚性瘢痕、ケロイド、眼瞼下垂症といった保険診療範囲内で可能な治療も行っています。手術は予約制で全身麻酔や局所麻酔で行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 49 0.31 5.02 24.5% 76.73
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 39 5.23 20.03 30.8% 61.31
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 29 2.28 18.24 24.1% 62.62
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの 13 0.08 24.31 100.0% 63.69
K6092 動脈血栓内膜摘出術 内頸動脈 11 7.45 11.91 0.0% 72.73
 慢性硬膜下血腫に対しては、局所麻酔で穿頭血腫除去術を行います。2泊3日ほどで退院できます。
 脳腫瘍に対しては様々な手術支援装置を駆使した手術を行っています。術後に放射線化学療法が必要ない種類の脳腫瘍では、術後1週間ほどで退院できます。放射線化学療法が必要な脳腫瘍の場合はさらに1ヶ月ほどの入院が必要です。
 脳動脈瘤の治療では、術中ICG蛍光血管造影や電気生理学的モニタリングを行い、開頭クリッピング術を行っています。術後1週間ほどで退院できます。
 脳出血急性期には、救命目的で開頭血腫除去術を行います。術後はリハビリテーション病院に転院して、機能回復を目指します。入院期間はリハビリテーション病院の受け入れ状況によりますが、1ヶ月程度のことが多いです。
 頚動脈狭窄症に対しては頚動脈内膜剥離術を行なっています。術後は過灌流症候群を厳重に予防しています。術後の脳血流検査まで含めると、2週間程度の入院が必要です。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 114 2.73 7.29 2.6% 68.81
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 50 2.52 6.70 4.0% 71.50
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 34 6.06 3.38 2.9% 36.32
K5132 胸腔鏡下肺切除術 その他のもの 15 2.40 6.07 0.0% 62.47
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 - - - - -
 当科ではご高齢の方も含めて多くの胸部・呼吸器手術を行っていますが、手術時の在院日数が短く転院率が低いのは、90%を低侵襲の内視鏡手術(胸腔鏡、ロボット)で行っていることと、術後に合併症が少ないためと考えられます。大手術の場合でも早期の社会復帰が可能になるように、術前の全身評価をはじめ、手術後のリハビリや生活のご指導も十分に配慮しています。
心臓外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術 1弁のもの 28 6.18 20.71 42.9% 72.14
K5612イ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 胸部大動脈 21 3.57 10.10 14.3% 67.95
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2吻合以上のもの 16 6.00 14.38 31.3% 68.06
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 14 7.21 20.71 64.3% 73.50
K5541 弁形成術 1弁のもの 11 4.09 55.27 27.3% 59.00
 弁膜症(大動脈や僧帽弁など自分の弁が壊れたところを修繕する“弁形成”や、人工弁で入れ替えてしまう“人工弁置換術”)、冠動脈(狭くなった冠動脈をバイパスする手術)、大動脈(人工血管置換や、血管内だけでカテーテルで治療を行うステント)などを積極的に行っています。また複雑なケースでも、いくつかの手技を同時に行う複合手術も多数行っており、ご高齢の方であっても、早期に回復できる症例も多数あります。緊急手術(急性大動脈解離など)も昼夜を問わず行っています。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 113 1.77 16.05 13.3% 76.52
K5612ロ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 腹部大動脈 44 2.30 10.11 6.8% 77.32
K6171 下肢静脈瘤手術 抜去切除術 33 1.12 2.39 0.0% 68.94
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの) 13 2.85 14.31 7.7% 69.46
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) その他のもの 13 1.00 3.31 0.0% 76.77
 1)腹部大動脈瘤:動脈瘤を人工血管に取り替える(開腹人工血管置換術)か、カテーテルでステント付き人工血管を動脈瘤の中に入れ込む(ステントグラフト内挿術)ことにより治療を行います。身体に負担の少ないステントグラフト内挿術が不向きな場合は人工血管置換術を選択しますが、いずれの手術でも入院は2週間程度です。
 2)閉塞性動脈硬化症:数日の入院で治療可能なカテーテル(風船やステント)を用いた治療を優先した治療方針を取っています。カテーテル治療では対応できない病変もあり、外科手術(バイパスなど)を適宜選択しており、足首付近の細い動脈へのバイパスも積極的に行っています。
 3)下肢静脈瘤:うっ血の原因となる静脈を抜き取る(抜去切除術)か、レーザー等でその静脈を焼き詰まらせる(血管内焼灼術)ことによって、逆流を止める手術を行います。血管内焼灼術は、日帰りや一泊入院でも治療できますが、抜去切除術でも、身体への負担は少なく、数日の入院です。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 35 1.00 1.00 0.0% 4.46
K836 停留精巣固定術 13 1.00 1.00 0.0% 2.23
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア - - - - -
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア - - - - -
K8351 陰嚢水腫手術 交通性陰嚢水腫手術 - - - - -
 お腹の中にある小腸や大網、卵巣などの臓器が飛び出してきて、鼠径部が腫れてくる病気を鼠径ヘルニア(脱腸)といいます。お子さんの外科手術では最も多い病気で、胎生期の精巣下降に際して、鼠径部に伸びる腹膜鞘状突起という腹膜のポケットが生後も閉じずに残存するために、腹腔内臓器の脱出が起こるものです。脱出した臓器や周囲組織の血流が悪くなることをヘルニア嵌頓と呼び、この際は早急な還納が必要になります。
 1歳未満の鼠径ヘルニアは自然に治ることもあるといわれていますが、嵌頓傾向のない場合、生後4~12ヶ月以降に手術を計画します。手術には鼠径部を切開して腹膜鞘状突起を結紮・横断する方法 (従来法 (Potts法など) ) と、腹腔鏡下に結紮する方法 (LPEC) があります。全身麻酔となりますので、全国的にも2泊3日で行う施設が多いようです。
 鼠径ヘルニア手術は,簡単な手術のように考えられがちですが、専門的には難しい側面が多く、当院のような小児外科専門施設での治療をお薦めします。
消化管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 86 3.58 13.09 5.8% 71.37
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 50 2.68 18.50 10.0% 69.72
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 31 0.23 4.94 0.0% 44.68
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 26 1.15 2.62 0.0% 66.04
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 22 2.55 4.91 4.5% 64.77
 消化管外科では食道、胃、大腸の悪性疾患を中⼼に診療していますが、手術は悪性疾患、良性疾患を問わず広く内視鏡手術で行っています。緊急手術を含むすべての手術においてその割合は80%以上です。胃癌、直腸癌に対してはロボット手術も保険診療で行っています。
肝胆膵外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K697-22 肝悪性腫瘍マイクロ波凝固法(一連として) その他のもの 94 2.00 12.01 4.3% 69.22
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 91 0.56 8.79 1.1% 77.65
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 87 1.89 5.18 2.3% 64.85
K7032 膵頭部腫瘍切除術 リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合 16 4.94 31.38 12.5% 67.19
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 12 1.75 15.00 8.3% 71.67
 当科では、肝胆膵のすべての領域に対してバランスよく、専門的治療を行っています。
 肝臓がんの治療としては肝切除術が第一選択肢ですが、肝機能が不良なため、あるいは個数が多いためにすべてを切除出来ない方もおられます。そういった方には癌部を焼く治療「マイクロ波凝固壊死療法」を積極的に施行しています。
また、それも不可能な進行肝がんの方には「肝動脈塞栓術」を行っています。これはカテーテルを用いて肝臓がんに抗がん剤を送り込んだあと、栄養血管を詰めてがんを兵糧攻めにする治療です。
 胆道系では、特に良性の胆嚢疾患(胆嚢結石・胆嚢ポリープ)に創の小さな「腹腔鏡下胆のう摘出術」を数多く行っています。更に、近年増加傾向の膵がんについては、膵頭十二指腸切除術の実績も確実に伸ばしています。
 良性から悪性疾患まで、肝胆膵の領域のエキスパートとして治療に専念しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 16 0.25 4.38 0.0% 69.00
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル未満 - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径4センチメートル以上 - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 - - - - -
 重症の場合、入院治療を行っています。帯状疱疹は1週間、蜂窩織炎は2週間が目安です。良性腫瘍の場合も足底に生じている場合、1泊入院してもらっています。悪性腫瘍で切除後植皮が必要な場合は、1週間程度入院が必要です。重症薬疹も入院していただいています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 153 1.93 4.76 2.6% 73.69
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 62 1.27 12.23 1.6% 67.97
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 45 2.44 4.13 2.2% 64.38
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 37 1.73 10.54 0.0% 69.65
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 27 1.00 9.11 0.0% 63.63
K8036イは、膀胱癌に対して、尿道から内視鏡を挿入して、腫瘍を切り取る手術です。通常、5日間の入院期間で、術後3 日で退院可能ですが、心臓や血管の疾患のある方では、入院期間が延⻑されます。
 K843-4は、前立腺癌に対して、癌を前立腺ごと摘出する手術です。現在、ほとんどが、術者が操作するロボットによる内視鏡 (腹腔鏡)手術で行っております。出血量も従来の開腹術より少なくすみます。通常、入院期間は11日間ですが、体への負担が開腹手術より軽いため、希望により早期の退院も可能です。
 K773-2は腎臓癌・腎盂癌・尿管癌に対して腎臓摘除、腎尿管摘除を行う手術です。通常、入院期間は11日間ですが、体への負担が開腹手術より軽いため、希望により早期の退院も可能です。
 K7811は、尿管結石や腎結石に対して、尿道から内視鏡を挿入して、レーザーで結石を砕石する方法です。体外より衝撃波を当てて破砕する方法より砕石率は高いのが特徴です。通常、入院期間は4日間です。       
 K773-5は比較的小さな腎臓癌に対して腎臓部分切除を行う手術です。術者が操作するロボットによる内視鏡 (腹腔鏡)手術で行っております。従来の腹腔鏡手術では部分切除が困難であった方でも部分切除が可能になり、適応が広がています。入院期間は11日間ですが、体への負担が開腹手術より軽いため、希望により早期の退院も可能です。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 101 3.72 7.25 0.0% 34.11
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 98 3.56 6.92 0.0% 34.44
K897 頸管裂創縫合術(分娩時) - - - - -
K902 胎盤用手剥離術 - - - - -
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) - - - - -
 当院は地域周産期センターであり、合併症のため慎重な管理が必要な妊婦の分娩や帝王切開術を多く担当しています。母体や胎児の生命に関わるような状況が突然生じる場合もあり、小児科や麻酔科、手術室と連携して、緊急の手術や対応をしています。緊急対応を要する妊婦や褥婦の搬送が福岡市や近郊の病院からありますが、当直体制をとることで24時間受け入れています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 71 1.03 1.23 0.0% 40.62
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 55 1.84 4.05 0.0% 39.84
K877 子宮全摘術 34 2.53 8.12 2.9% 49.94
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 34 3.09 8.59 5.9% 63.09
K879 子宮悪性腫瘍手術 33 3.73 10.76 3.0% 60.88
 当院では婦人科悪性腫瘍の専門的な治療をおこなっており、手術はもちろん化学療法(抗がん剤治療)や放射線療法にも力を入れています。また、他診療科も高度の専門性を持っており、他診療科との連携を重視して合併症のある婦人科の患者さんを多く治療しています。腹腔鏡下手術も適応手術が増えて症例数も増加していますが、安全・確実な適応基準と術式を心がけています。
 件数1位は子宮頸癌の前癌病変である上皮内腫瘍に対する円錐切除症例です。
 件数2位は良性卵巣腫瘍に対する腹腔鏡手術で、経過が良ければ術後3~4日目に退院可能です。
 件数3位は子宮筋腫など良性疾患に対する子宮摘出術です。
 件数4位は卵巣癌・卵管癌の手術療法、件数5位は子宮頸癌や子宮体癌の手術療法です。子宮頸癌手術は排尿障害が生じやすいですが、術後排尿機能を評価して必要であれば早めに泌尿器コンサルトをおこないます。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 56 1.18 4.70 1.8% 62.23
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 54 1.06 6.74 0.0% 62.93
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 28 1.04 7.43 0.0% 60.04
K474-31 乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術(一連につき) マンモグラフィー又は超音波装置によるもの 11 0.00 1.00 0.0% 60.45
K4764 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。)) - - - - -
 乳がん検診の普及や診断技術の向上により、早期乳がん症例が増えています。早期で発見されれば、腋のリンパ節(腋窩リンパ節)郭清の必要がなくなり、7日以内の短期間での入院で手術が可能です。乳腺外科での主な手術として、乳房を部分的に取り除く乳房部分切除術(乳房温存術)、がんが広範囲な場合やがんが出来た部位によっては乳房切除術(乳房全摘)を行います。がんの根治性は勿論のこと、整容性も考慮した手術を心がけており、乳房切除術の場合は乳房再建術も行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 205 1.13 2.33 0.0% 72.43
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 41 1.56 7.34 0.0% 62.05
K2683 緑内障手術 濾過手術 - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの - - - - -
 白内障手術では虚血性心疾患などの全身状態の悪い患者、認知症などで局所麻酔が不能な患者にも対応しています。白内障手術の中には九州で多い偽落屑症候群などのチン小帯脆弱例があり、眼内レンズ縫着術や強膜内固定術を選択することがあります。
 硝子体手術の対象疾患として裂孔原性網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、黄斑前膜、黄斑円孔などの黄斑疾患、硝子体出血、ぶどう膜炎、仮面症候群などの硝子体混濁などがあります。裂孔原性網膜剥離では急患対応しています。また、症例によっては網膜復位術(強膜内陥術)を選択することがあります。また、裂孔原性網膜剥離や増殖糖尿病網膜症の重症例では硝子体手術に強膜輪状締結術を併用することがあります。
 緑内障手術では昨年度よりマイクロフックを用いた低侵襲緑内障手術(MIGS)を導入し、今年度はMIGSの件数が増加しています。眼圧コントロール不良で視野障害が進行した症例では、眼圧の降圧効果が高い濾過手術(線維柱帯切除術)を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 40 1.03 5.65 0.0% 32.23
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 28 0.93 4.00 0.0% 67.32
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 24 0.96 5.00 0.0% 61.33
K4571 耳下腺腫瘍摘出術 耳下腺浅葉摘出術 22 1.45 4.82 0.0% 53.68
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 18 1.56 6.17 5.6% 66.28
 九州医療センターでは扁桃摘出など耳鼻咽喉科の一般疾患とともに、頭頸部領域の良性、悪性疾患の診療に力を注いでおります。口腔咽頭、頸部、唾液腺の良性腫瘍に対する手術、舌癌。咽頭癌、喉頭癌、甲状腺癌などの頭頸部悪性腫瘍に対する手術を多く行っています。慢性副鼻腔炎に対しては内視鏡下鼻副鼻腔手術を行い、歯性上顎洞炎に対しては口腔外科と協同して治療にあたります。
脳血管内治療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術 1箇所 53 2.06 9.06 9.4% 67.38
K178-4 経皮的脳血栓回収術 46 0.17 24.30 73.9% 72.28
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 38 7.55 10.42 18.4% 73.92
K1783 脳血管内手術 脳血管内ステントを用いるもの 16 4.31 12.69 25.0% 61.56
K178-2 経皮的脳血管形成術 - - - - -
 未破裂脳動脈瘤は、脳ドックなどでMRIを撮影した際に偶然見つかることがあります。動脈瘤が破れると「くも膜下出血」になります。当科では動脈造影検査を行い、大きさ、形状などから将来の破裂の危険性が高い症例に対して、脳血管内手術(動脈瘤コイル塞栓術)を行っています。この際、ステントを血管に橋渡しして塞栓を行うこともあります(脳血管内手術 脳血管内ステントを用いるもの)。
 内頚動脈・鎖骨下動脈狭窄症は、脳を栄養する血管が狭くなる病気です。狭くなることで脳への血流が悪くなり、脳梗塞を引き起こす可能性が高い症例に対して、風船(バルーン)やステントで狭くなっているところを拡張します(経皮的頸動脈ステント留置術、経皮的脳血管形成術)。
 心臓の中に血栓でき、それが飛んで脳の血管を詰めてしまうタイプの脳梗塞があります。この場合、早期にカテーテルで血栓を除去できれば大きな脳梗塞になるのを防ぐことができます(経皮的脳血栓回収術)。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 15 1.87 21.20 73.3% 85.27
K386 気管切開術 - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 - - - - -
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 止血術 - - - - -
 救急科で対応した症例(外傷,他)の手術,集中治療対象となった症例での治療手術,管理手技等を行っています.
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 12 0.07%
異なる 45 0.26%
180010 敗血症 同一 29 0.16%
異なる 31 0.18%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 103 0.59%
異なる - -
 当院では症状の重い感染症の治療も行っております。「敗血症」、「その他の真菌感染症」などは専門的な治療を要する感染症です。
「播種性血管内凝固症候群」は、感染症や血液がんなどが原因でおこるもので、集中的な治療を要する病気です。手術などが行われていたり、がんなどのほかの治療が行われていたりする場合は、上記の病気があっても集計対象とならない場合がありますので、実際の入院患者数の数値はもっと多いものになります。
  「手術・処置等の合併症」には、手術や処置の後に起こりえる合併症が多く含まれています。当院での治療実績では、透析シャントの機能低下や閉塞、埋め込み人工物の感染・破損、造影剤アレルギーによる循環不全、ステントグラフトのエンドリーク、手術創の感染などがあります。
更新履歴
2019年9月27日
指標公開