乳腺センター

スタッフ紹介

乳腺外科

乳腺疾患の診断、治療を担当します。放射線科、放射線部、病理と協力して、的確にかつ迅速に乳腺疾患の診断を行います。治療は手術、化学療法、ホルモン療法を担当します。手術は腫瘍摘出術、乳房切除術、乳房温存術、センチネルリンパ節生検、内視鏡手術などを手がけています。外来のご案内を参照ください。
→乳腺外科外来紹介ページへ

放射線科 放射線部

放射線科:
 
放射線部:

乳腺疾患の診断と放射線治療を担当します。診断はマンモグラフィー、乳房超音波検査、CT、MRI、乳管造影などの最新の方法を導入しています。また、放射線治療は乳房温存術の後に残った乳房にがんが再発しないように放射線照射を行います。また、再発転移部位への放射線照射も行っています。

→放射線科紹介ページへ 
→放射線部紹介ページへ

リハビリテーション科

乳がん術後の上肢のリハビリテーションを担当します。
腕の張れや手が挙がらないなどの後遺症の予防に有効です。
→リハビリテーション部紹介ページへ

形成外科

乳房切除術(乳房を全部摘出する方法)を受けられる患者さんに対して、ご希望に応じて一期的に乳房再建を行います。また、過去に乳房切除術を受けられた患者さんにも乳房の再建は可能ですのでご希望の方は一度ご相談ください。
→形成外科紹介ページへ

病理 臨床検査部

乳癌を診断するときの細胞診、生検の病理診断を担当します。この検査が乳がん診断の決め手となります。また、切除した乳がん組織を詳細に検索することにより、術後治療の方針が決定されます。
→病理 臨床検査部紹介ページへ

乳腺外科外来看護部

乳腺疾患で外来を受診された患者さんの看護を行います。乳腺疾患すべての診療がここから始まります。

病棟看護部

乳腺疾患、特に乳がんの治療のために入院される病棟です。クリティカルパスを用いて専門的な看護を行います。

手術室看護部

乳腺の手術を受けられる患者さんの看護を行います。

薬剤部

入院患者さんへの服薬指導や副作用のチェックなどを担当します。
→薬剤部紹介ページへ

外来総合治療センター

現在、乳がんに対する化学療法はほとんどが外来治療です。従って、乳がん化学療法の中心的な役割を担います。

腫瘍内科

術前、術後化学療法と再発に対する化学療法を担当します。エビデンスを大事にしながら、なおかつ個々の患者さんにあわせた最善の治療が行えるよう心がけています。
→腫瘍内科紹介ページへ

専任薬剤師

化学療法において抗がん剤の使用が適切なスケジュールに従っているかを事前に確認します。当日の血液検査の結果を薬剤師の視点から評価し、医師、看護師と連携を取りながら化学療法が安全かつ効果的に行えるようにします。また治療に用いられる抗がん剤を無菌的に調整し、抗がん剤を含めた薬に関する疑問、質問にもわかりやすくお答えします。
→薬剤科紹介ページへ

専任看護師

乳がんで化学療法を受けられる患者さんを担当します。安全かつ安心して治療が受けられ、家庭でも安心して過ごせることを目標に看護させて頂きます。

栄養管理室

乳がんの化学療法中の吐き気による食欲不振に対して栄養指導をいたします。化学療法中の吐き気は最も心配な副作用の一つですが、安心してご相談ください。
→栄養管理室紹介ページへ

地域医療連携室/がん相談支援センター

療養上の相談や生活に役立つ情報の提供に努め、乳がん患者さんやご家族の安心につなげていきたいと思います。

リンパ浮腫担当

スキンケア、マニュアルリンパドレナージ、スリーブや弾性包帯による圧迫療法、圧迫した上での運動療法などの複合的理学療法を用いて、術後の予防やセルフケアの指導まで患者さんをサポートさせていただきます。

乳腺外科秘書

笑顔で患者さん、ご家族と医療スタッフへのパイプ役として努めて参ります。